ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2008年7月第3週 「深刻なアメリカ経済」

アメリカがトリプル安に見舞われています。
1)ドル安
2)株安
3)債権安
更に、不動産の下落が止まらない。不動産の下落が止まらなければ、事態の悪化
の歯止めがきかない。
まさに、日本が1990年代に経験したバブルの崩壊を想起させる事態になっています。

日本は失われた10年、バブル崩壊の後遺症に悩み、経済が低迷し、社会全体、国民全体が大きな影響を受けました。
アメリカの場合、その影響の大きさより、アメリカだけの問題とは言えないところに、事態の深刻さがあります。
アメリカの危機は私達の生活に密着しています。

当時、日本の株価は 底値と言われる「半値 8掛け、2割引」を超え、まさに、底割れしたのです。
1989年12月29日付けた株価 
¥38,915円X0.5 X0.8X0.8=¥12,452 を超えて、何と7000円台を記録したのです。

国家全体で1,389兆円の資産が失われました。
雇用 設備、債務の3つの過剰が言われ、金利がゼロになっても、資金需要が起きない デフレ スパイラルに入り込んでしまったのです。
金融機関の破綻、公的資金の注入と、異常事態が頻発しました。

アメリカはどうでしょう。まさに 今 日本の「いつか来た道」です。
ゴールドマン サックスは「サブプライムによって、1兆2千億ドル(120兆円)の資産が失われた」と言っていますが、こんなものではとても足りないと思われます。
日本が苦悩した事態の再現を見る思いです。

貸し渋りによる、信用収縮も深刻です。公的資金の投入、金融機関の国有化も必要になるでしょう。
やり方は違っても、日本が取ったと同じ政策が必要になる事は間違いありません。アメリカの信頼が揺らぎ、ドルが暴落すると、世界経済は大混乱に陥る事になる。私たちの生活にも大きな影響が出ること、必至です。

日本の場合、その影響はほぼ日本に留まっていましたが、アメリカの場合はそうはいかない。
中国、日本、ドイツなど輸出大国は、アメリカへの輸出で、経済の好調を維持してきました。
アメリカの景気の悪化は それらの国々に大きな影響を与え、輸出が軒並み減少しています。

ドル安はインフレをもたらし、アメリカ国内輸入物価が上昇します。
更に、原油取引はドルで表示されますので、ドル安は、自動的に石油価格の上昇をもたらす大きな圧力になります。

原油だけでなく食料、鉄、天然ガスなど、世界的な高騰により、資源国に所得が移転して行っています。

これから一体どうなって行くのでしょう。

1)サブプライムによるバブルの崩壊はこれから更に 深刻な影響をアメリカ経済に与え、結果、ドルの信認は揺らぎ、1ドル 100円を割る事態が想定されます。
90円もありうると考えられます。そのようになると、世界経済全体への影響は甚大なものになります。

2)原油はドルの下落に合わせ、150ドルを突破、日本のガソリンは1リットル200円を超える域に達する。
もし、イスラエルがイランを空爆する事態になれば、原油は200ドルを突破する事は充分考えられます。

3)アメリカの株価は10000ドルを割った水準に下落。

これ等、深刻な予想は 日本のバブル崩壊後の悲惨な状態より、はるかに楽観的な事でありますので、この程度の事で、驚いていたのではいけないのかもしれません。
この様な 状況を如何に乗り切り、プラスにするか 考えねばなりません。

先週の答え

「食欲を盛んにする色はどれか」

色彩が人の心理に大きな影響を及ぼすことは よく知られている。
精神科医の中田輝夫博士が、女子大生を対象に調査をしたところによると、食欲をそそられる色を調べてみると

1)緑 32.9%
2)黄色 13.2%
3)橙色 11.8%
4)赤 10.5%
5)黄緑 10.5%
6)白 10.5%
7)茶色 9.2%    でした。

新鮮なサラダが若い女性に好まれる理由が、 よく判るような気がする。
ちなみに、食欲がなくなる色は
紫  39.5%
黒  39.5%
茶   6.6%     でした。

今週のクイズ
うつ病の多い年代は。「ストレスが最もたまりやすい年代は?」

1)20から30歳
2)50から60歳
3)70から80歳
4)16から25歳
  

[total : 742]
( 17 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

262 2008年9月第4週 「日本の家庭の金融資産1599兆円」 08-09-22
261 2008年9月第3週 「予\科練出身の韓国人」 08-09-16
260 2008年9月第2週 「最近の深セン東莞」 08-09-08
259 2008年9月第1週 「不景気」 08-09-01
258 2008年8月第4週 「北京 オリンピック」 08-08-25
257 2008年8月第3週 「フレー、フレー ニッポン!」 08-08-18
256 2008年8月第2週 「竹島問題」 08-08-11
255 2008年8月第1週 「政治の力、金が無くても出来る事」 08-08-04
254 2008年7月第5週 「やせる為の食事の時間」 08-07-28
253 2008年7月第4週 「狐とたぬき」 08-07-22
252 2008年7月第3週 「深刻なアメリカ経済」   08-07-14
251 2008年7月第2週 「ユダヤと日本 U」 08-07-07
250 2008年6月第5週 「医療保険」 08-06-30
249 2008年6月第4週 「ビジネス構\築十\ヶ条」 08-06-23
248 2008年6月第3週 「秋葉原通り魔と未婚率」 08-06-16
247 2008年6月第2週 「タバコが1箱1000円、チューインガム1000円」 08-06-09
246 2008年6月第1週 「日本とユダヤ人」 08-06-02
245 2008年5月第4週 「アメリカのガソ\リン価格」 08-05-26
244 2008年5月第3週 「ユダヤ人」 08-05-20
243 2008年5月第2週 「世界最大の3D立体ディスプレイ」 08-05-14
242 2008年5月第1週 「液晶デスプレイのドット抜け」 08-05-07
241 2008年4月第5週 「中国 国費 留学生」 08-04-28
240 2008年4月第4週 「築地魚市場 人気の観光スポット」 08-04-21
239 2008年4月第3週 「立体カメラ」 08-04-14
238 2008年4月第2週 「 3D立体映像の商業化」 08-04-07
237 2008年4月第1週 「 税金の無駄遣い」 08-03-31
236 2008年3月第4週 「 だめな日本って本当?」 08-03-25
235 2008年3月第3週 「立体テレビへの道」 08-03-19
234 2008年3月第2週 「世界最大の電子街 深圳市 “華強北路”への出店」 08-03-11
233 2008年3月第1週 「イラン人と日本の温泉」 08-03-03

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp