ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2008年8月第2週 「竹島問題」

壱岐諸島と韓国の鬱陵島との中間線よりやや韓国寄りに竹島(韓国名 独島)があります。
その帰属を巡って、韓国が燃えています。
「日本と韓国が竹島をめぐって戦ったらどちらが勝つか」などと言う物騒な、戦力分析記事が韓国の有力紙に出たりしている。(10分で日本が勝つと言う)
何十億円もかけて施設を造り、警備隊を常駐させて 実効支配を続けているが軍隊を常駐させる計画も進行中と言う。

韓国には韓国の言い分、日本には日本の言い分がある。
状況はかなり複雑で、容易に妥協できそうにありません。

日本は17世紀、徳川幕府の時に領有権を確立したと言う。
韓国の言い分は 新羅の時代、第22代 智 證王(紀元437年から514年)の治世の時、512年、鬱陵島と独島の統治を開始した。それ以来韓国が領有していると言う。

ただ、無人島ですので、ある時は日本が、またある時は韓国が、結果として、共同で使っていたであろう事は容易に理解できる。
今まで、長い間共同で使っていたのですから、これからも、一緒に使えば良いと思うのですが、現在の韓国にそのような考えを受け入れる世論はなさそうです。

1965年当時の朴大統領が結んだ日韓基本条約の際、条約の締結を優先した為、竹島問題には言及しなかったという。これが今 韓国で問題視されている。

朴大統領の側近であった有力国会議員の金 鐘泌は「日韓友好の為、あんな岩は爆破してしまえ」とも言ったといわれる。

ここで別の見方をして見ましょう。
日本は国土こそ38万平方Kmと、世界60位と小さいのですが、排他的経済水域EEZプラス領海は447万平方Kmと世界6位と巨大な地域を占有しています。

領土とEEZを合わせると、485万平方Kmでロシア、アメリカ、オーストラリア、カナダ、ブラジル、フランス、中国、インドなど大国に次いで、第9位なのです。これはすごい。

竹島の問題に戻って考えますと、国を挙げて領有を主張する韓国に比べ、日本の国民の熱意は感じられない。
新聞に韓国の主張の根拠はほとんど書かれないので、なぜ、あれほど強硬に主張するのか国民は良く判らない。
「また、韓国が日本に文句を言っている」くらいの認識ではないだろうか。

竹島を韓国に譲って、漁業権と天然資源を協同開発することにしてはどうだろうか。利益は折半。
ほとんど価値のない岩礁の事で、いがみ合うのもうっとおしい限りです。

圧倒的に巨大なEEZを持っている日本が、極めて小さなEEZしかない隣人に譲って、問題を早期に解決した方が良い。
それで、日本のEEZプラス領海が減るのは 447万平方Kmのうちの僅か2万平方Km強だけです。反対はあると思いますが、いつか解決しなければならない問題です。
現在の韓国では竹島の問題で、日本に一歩でも譲れば、大統領の首が飛ぶ勢いです。
間違いなく言える事は、99,9%の日本国民は、竹島に行くことも、見ることもないであろうと言うことです。


先週のクイズの答え
厚生省のデーターによると、痴呆患者のうち、
○40歳から64歳で発症した人。  32.3%
○65歳以上            67.7%

更に男女の発症の比率をみると
○40歳から64歳まで、     男  64.6%  女 35.4%
○65歳以上           男  38.7%  女 61.3%

このデーターで見れば、40歳でもボケる可能性があると言う点です。
最近、人の名前を忘れてしまうと言う年配の人が多いのですが、それは、忘れても
大勢に影響のない、健康的なボケで深刻に考える必要はありません。
みんながそうなのですから。  三笠書房「からだと健康」より。

今週のクイズ
「疲れた時には甘いものが一番よいのだろうか」
1)特に頭が疲れには、甘いものが一番よい。
2)糖尿病が怖いので食べない。
3)甘いものよりは塩辛い物の方がよい。
  

[total : 742]
( 17 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

262 2008年9月第4週 「日本の家庭の金融資産1599兆円」 08-09-22
261 2008年9月第3週 「予\科練出身の韓国人」 08-09-16
260 2008年9月第2週 「最近の深セン東莞」 08-09-08
259 2008年9月第1週 「不景気」 08-09-01
258 2008年8月第4週 「北京 オリンピック」 08-08-25
257 2008年8月第3週 「フレー、フレー ニッポン!」 08-08-18
256 2008年8月第2週 「竹島問題」  08-08-11
255 2008年8月第1週 「政治の力、金が無くても出来る事」 08-08-04
254 2008年7月第5週 「やせる為の食事の時間」 08-07-28
253 2008年7月第4週 「狐とたぬき」 08-07-22
252 2008年7月第3週 「深刻なアメリカ経済」 08-07-14
251 2008年7月第2週 「ユダヤと日本 U」 08-07-07
250 2008年6月第5週 「医療保険」 08-06-30
249 2008年6月第4週 「ビジネス構\築十\ヶ条」 08-06-23
248 2008年6月第3週 「秋葉原通り魔と未婚率」 08-06-16
247 2008年6月第2週 「タバコが1箱1000円、チューインガム1000円」 08-06-09
246 2008年6月第1週 「日本とユダヤ人」 08-06-02
245 2008年5月第4週 「アメリカのガソ\リン価格」 08-05-26
244 2008年5月第3週 「ユダヤ人」 08-05-20
243 2008年5月第2週 「世界最大の3D立体ディスプレイ」 08-05-14
242 2008年5月第1週 「液晶デスプレイのドット抜け」 08-05-07
241 2008年4月第5週 「中国 国費 留学生」 08-04-28
240 2008年4月第4週 「築地魚市場 人気の観光スポット」 08-04-21
239 2008年4月第3週 「立体カメラ」 08-04-14
238 2008年4月第2週 「 3D立体映像の商業化」 08-04-07
237 2008年4月第1週 「 税金の無駄遣い」 08-03-31
236 2008年3月第4週 「 だめな日本って本当?」 08-03-25
235 2008年3月第3週 「立体テレビへの道」 08-03-19
234 2008年3月第2週 「世界最大の電子街 深圳市 “華強北路”への出店」 08-03-11
233 2008年3月第1週 「イラン人と日本の温泉」 08-03-03

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp