ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2008年8月第3週 「フレー、フレー ニッポン!」

北京五輪もまさに佳境、感動のドラマ、なみだの結果が伝えられる。
中国のダントツのメダル数はすごい。以前の 東ドイツや、ロシアを彷彿とさせる。

各国とも応援にものすごく力が入っている。
ドイツの応援団が大写しになり、応援の声が伝わってきた。
「フラー、フラー」と言っている。その後の言葉はよく聞き取れなかったが、間違いなく「フラー、フラー」と言っている。これは日本語の「フレー、フレー」と同じだ。
「フレー、フレー」は日本語と思っていただけに、「これは、一体 何だ」

先日、堺屋 太一の、世界を創った男「チンギス、ハン」を読んでいたら、謎が解けました。
1201年の冬、大興安嶺を挟んで チンギス、ハンの2万の軍勢と宿敵、ジャムカの4万が対峙して零下数十度の酷寒の嵐に、耐えていた。
その時、兵士を鼓舞する為、チンギス、ハンがウイグル人の旅芸人、コルコスンに命じて作らせた軍歌に、モンゴル特有の掛け声「フレー、フレー」を重ねたのです。
この唄声は恐怖の「タタールの響き」として、ユーラシア全土に拡り、「フレーフレー」は世界語になったと言う。

地を埋めて、地鳴りのように攻め寄せてくる 数十万のモンゴル騎兵が唄う、「フレー フレー」は皆殺しの序曲として、イラン、イラク、ロシア、ポーランド、ハンガリーそして、中国の人々を震い上がらせたのです。

それにしても「フレー、フレー」がモンゴル語とは思わなかった。

「じゃんけんポン」
じゃんけんは日本だけのものかと思ったら、ドイツ人もイギリス人もフランス人も、アメリカ人も、知っていた。
「グー、チョキ、パー」の言い方はそれぞれ、違っているが、はさみ、石、紙(風呂敷、布)で考え方は だいたい、同じでした。
日本が起源なのか、中国が起源なのかよく判りません。
でも、フランス人とじゃんけんをするのも 親近感がわいておもしろい。

「メンコ」
中国 広東省、筆慶市に工場を作った時、街の路地で子供達が メンコをしていました。
図柄は全部、ポケモンや ドラえもん、など日本のアニメでした。
私達の子供の頃と同じで、ひっくりかえしたら貰えるやり方でした。
これは ひょっとしたら、日本がオリジナルかもしれません。

長い世界の歴史が、意外なところで、私達の生活に直接 結びついているのです。

先週の答え
「疲労回復には甘いものが、一番よいのだろうか」

頭やからだの疲れには、ブドウ糖が役に立つ。
疲れた時 甘いものが欲しくなるのは、このためだ。
ブドウ糖(グリコース)はグリコーゲンとして肝臓や筋肉に蓄えられている。
からだを使うとまず、このグリコーゲンが使われる。
激しい運動の後では、使い果たされたグリコーゲンを補うために、ブドウ糖が必要になる。
甘いものがほしくなるのは、からだが、要求している証拠である。

この、ブドウ糖からグリコースを作る働きは、糖代謝と言って、肝臓で行われる。
グリコーゲン合成酵素が働いて、血液に吸収されたブドウ糖は、数分の内にグリコーゲンに変えられてしまう。
だから、ショ糖のように、腸でブドウ糖と果糖に分解されて、すぐ吸収されるものが、疲れた時には、一番よいということになる。

脳も同様で、カロリー源としては、ブドウ糖が一番だ。
脂質や蛋白質もむろんエネルギー源になるが、速効性という点では、ブドウ糖にはかなわない。    三笠書房 「からだと健康」より。

今週のクイズ
どんな人が“脂肪肝”になりやすいか。
メタボと脂肪肝という病名を近頃よく聞くが、なぜ、脂肪が肝臓にたまるのか、
一番多い原因はどれか。

1)アルコールの飲みすぎ
2)肉の食べすぎ
3)運動不足のため
  

[total : 742]
( 17 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

262 2008年9月第4週 「日本の家庭の金融資産1599兆円」 08-09-22
261 2008年9月第3週 「予\科練出身の韓国人」 08-09-16
260 2008年9月第2週 「最近の深セン東莞」 08-09-08
259 2008年9月第1週 「不景気」 08-09-01
258 2008年8月第4週 「北京 オリンピック」 08-08-25
257 2008年8月第3週 「フレー、フレー ニッポン!」   08-08-18
256 2008年8月第2週 「竹島問題」 08-08-11
255 2008年8月第1週 「政治の力、金が無くても出来る事」 08-08-04
254 2008年7月第5週 「やせる為の食事の時間」 08-07-28
253 2008年7月第4週 「狐とたぬき」 08-07-22
252 2008年7月第3週 「深刻なアメリカ経済」 08-07-14
251 2008年7月第2週 「ユダヤと日本 U」 08-07-07
250 2008年6月第5週 「医療保険」 08-06-30
249 2008年6月第4週 「ビジネス構\築十\ヶ条」 08-06-23
248 2008年6月第3週 「秋葉原通り魔と未婚率」 08-06-16
247 2008年6月第2週 「タバコが1箱1000円、チューインガム1000円」 08-06-09
246 2008年6月第1週 「日本とユダヤ人」 08-06-02
245 2008年5月第4週 「アメリカのガソ\リン価格」 08-05-26
244 2008年5月第3週 「ユダヤ人」 08-05-20
243 2008年5月第2週 「世界最大の3D立体ディスプレイ」 08-05-14
242 2008年5月第1週 「液晶デスプレイのドット抜け」 08-05-07
241 2008年4月第5週 「中国 国費 留学生」 08-04-28
240 2008年4月第4週 「築地魚市場 人気の観光スポット」 08-04-21
239 2008年4月第3週 「立体カメラ」 08-04-14
238 2008年4月第2週 「 3D立体映像の商業化」 08-04-07
237 2008年4月第1週 「 税金の無駄遣い」 08-03-31
236 2008年3月第4週 「 だめな日本って本当?」 08-03-25
235 2008年3月第3週 「立体テレビへの道」 08-03-19
234 2008年3月第2週 「世界最大の電子街 深圳市 “華強北路”への出店」 08-03-11
233 2008年3月第1週 「イラン人と日本の温泉」 08-03-03

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp