ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2008年7月第4週 「狐とたぬき」

夏は怪談 おばけの季節です。
先日 中国の友人と中華料理を食べながら話をしていた時、おばけの話が出た。
中国にも数多くのお化けがいるらしい。
「中国4大作品」西遊記、三国志 水滸伝、の一つに、全く 聞いたことのないおばけと神様をランク付けした本があると言う。

「その本の題名を漢字で書いてみろ」と言うと、
「難しい漢字で書けない」と言う。
「中国人が漢字が書けないとは、どう言う事だ」
「いつもコンピューターのワープロを使っているので、だんだん忘れてしまう」
と日本人みたいな事を言う。
うろ覚えの知識で「卿斎志昇」に近い漢字の題名のようでした。聞いた事のない本だ。

そこで 驚いたことは、中国でも たぬきと狐が人を化かすと言う。
たぬきや 狐が人を化かすと言うのは、日本中のどこにもある、極めて身近な話で、日本 独特のものと、信じていたので、
「エー、中国にも狐とたぬきがいて、人を化かすの! ホントかね!」
 
科挙受験を目指して懸命に勉強していた若者が、美しい女性と恋に落ち、毎晩、女性が家に訪ねてきました。その内、若者は陽気を吸い取られ、勉強に身が入らず、ひたすら女性が来る夜を待ちこがれ、陰気(生の世界は陽気、死の世界は陰気)が、体に溢れてきたのです。

若者を見た名僧が、若者の顔に現れている陰気を見咎め
「お前は死界の陰に呑まれている。このままでは妖に食い殺されてしまうに違いない。このお札を家の玄関に貼りなさい。そして、何があっても一言も発してはならぬ。」
その夜訪ねて来た美女は、玄関に貼ってあるお札の為、中に入れません。
「愛しい君よ、玄関のお札を燃やしてください。」「あなたの優しいお顔を見せてください」
「お声をお聞かせください」
一言も発しない若者に、最後には本性を現し
「出て来い、出て来い。出てこなければ、家を打ち壊し、食い殺すぞ」
と暴風雨と共に荒れ狂って、去って行き、二度と現れなかった。美女は狐だったのです。
若者は科挙に合格して北京に旅立っていきました。めでたし、めでたし。

日本の怪談は中国の話を日本版に、ローカライズしてものが多く、有名な「牡丹灯篭」も
中国、明の時代の「剪燈新話」から取られたものでした。
その本の中に、狐とたぬきに関わる話もあるそうです。

中国でも日本でも一般的に 狐は 美女に、狸は 僧侶や物に化けることを得意としているようです。

お稲荷様は、もともとインドの豊穣の農業神、ダギニ天に由来する神様を祭っており、狐はそのお供をしています。お稲荷様は狐を祭っているわけではありません。

狐が化けた美女と結婚した農夫は、子どもも生まれ幸せに暮らしていました。
しかし、妻は性根が狐と見破られ、泣く泣く、村を追われました。
妻は、農繁期になると、手伝いに来て、瞬く間に 仕事を終え、農夫は大金持ちなったのです。この様に、狐に関わる良いはなしも沢山あるそうです。

私達の日常生活に密着した狐とたぬきの話は、日本人と中国人の感じ方、考え方が如何に 似通っているかを知るよすがになりそうです。
浦島太郎、桃太郎、かぐや姫の話も、アジアの各地に似たような話があるそうです。

先週の答え
ストレスがもっともたまりやすい年代は?
「うつ病の多い年齢は?」

そううつ病は内因性の精神病と言われ、生まれた時からそうした遺伝的背景があるようだ。
発病の年齢は 2つの大きな山があると言うのが福田和彦博士の有名な説である。
うつ病  20歳から30歳, 46歳から50歳
そう病  16歳から30歳  41歳から55歳
精神学が指摘するところによれば、仕事熱心で生真面目、几帳面で義務感が強い性格の人が発病しやすいと言う。
三笠書房 「からだと健康」より。

今週のクイズ
「症状からすぐわかる病名は?」
上段の症状は、ある病気の代表的な症状です。
下段の病名と線で結んでみよう。

症状
1)空腹時 胃が痛む。
2)夜寝ている時 急に胸が痛む。
3)から咳、血痰、胸の痛み。
4)食後の胃の痛み。
5)先の尖ったものが怖い。
6)ふいに心臓が動悸をしはじめて止まらない。

病名
A.神経症
B.心身症
C.肺がん
D.胃潰瘍
E.十二指腸潰瘍
F.狭心症
  

[total : 722]
( 10 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

452 2012年5月第4週 「北京」 12-05-21
451 2012年5月第3週 「イラン 2」 12-05-14
450 2012年5月第2週 「イラン」 12-05-07
449 2012年5月第1週 「エレクトロ マジックとソ\ーラー、風力、水力発電」 12-05-01
448 2012年4月第4週 「パチンコと裸眼3D」 12-04-23
447 2012年4月第3週 「世界最先端の裸眼3D、CLD方式の着脱式」 12-04-16
446 2012年4月第2週 「i-phone 修理」 12-04-09
445 2012年4月第1週 「ドバイとイラン」 12-04-02
444 2012年3月第4週 「東京電力、原発ゼロ、自力で電力を確保する方法」 12-03-26
443 2012年3月第3週 「年金の矛盾と幸せ」 12-03-19
442 2012年3月第2週 「技術の流出」 12-03-12
441 2012年3月第1週 「バッテリージャパン 国際二次電池展と、エレクトロマジック ハイブリッド」 12-03-05
440 2012年2月第5週 「今年の花粉」 12-02-27
439 2012年2月第4週 「世界の豊かな国、貧しい国」 12-02-21
438 2012年2月第3週 「あらためて マジックバルブって」 12-02-13
437 2012年2月第2週 「東日本大地震復興」 12-02-06
436 2012年1月第5週 「第二のギリシアにならないために」 12-01-30
435 2012年1月第4週 「アイフォンが3Dになります。」 12-01-23
434 2012年1月第3週 「国の借金」 12-01-16
433 2012年1月第2週 「神田明神」 12-01-11
432 2012年1月第1週 「新しい年」 12-01-04
431 2011年12月第4週 「アメリカのビザ」 11-12-26
430 2011年12月第3週 「日本の文化」 11-12-19
429 2011年12月第2週 「中国の建築工事」 11-12-12
428 2011年12月第1週 「最近 ちょっとした気持ちが良かった事」 11-12-05
427 2011年11月第4週 「リヤカー広告 新しい街の微笑みデジタル チンドン」 11-11-30
426 2011年11月第3週 「マレーシア クアラルンプール」 11-11-22
425 2011年11月第2週 「スティーブ ジョブス」 11-11-14
424 2011年11月第1週 「iPhone修理始めました」 11-11-07
423 2011年10月第5週 「エレクトロ マジック」 11-10-31

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp