ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2008年1月第1週 「新年あけましておめでとうございます」

新年あけましておめでとうございます。
昨年はお世話になりました。新年が皆様にとって良い年でありますように祈念いたします。

年も押しつまった27日、パキスタンのベナジル、ブット元首相が暗殺されました。
パキスタンの友人に話を聞きました。
彼女は元首相のズルフィカル、アリ、ブットの長女として、1953年首都カラチで2男2女の第一子として生まれ、ハーバード大学、オックスフォード大学に学んだ秀才でありました。
オックスフォード大学では政治関係のユニオンの議長に選出され、世界中から集まった学生のリーダーでした。

首相であった父親のサポートをしながら政治の経験を積んでいったのですが、父親が1979年軍部により処刑され、弟2人も殺され、9年間 ドバイ ロンドンに亡命していました。
亡命中、父親が創設したパキスタン人民党党首となり、1988年帰国して第9代首相に就任、その後失脚しましたが、1993年再び首相に帰り咲き、現首相のクーデターで1996年政権の座を追われ、この度の選挙で復活を期していたところでした。
ピューピルズ誌で“もっとも美しい50人”に選ばれた、才色兼備の女性で、欧米でも有名で、パキスタンの希望の星であったと言われる。

オックスフォードの頃から、卓抜した英語力に裏づけられた雄弁家で、その演説は説得力があり、美しい容姿もあって、若い頃より、リーダーとして嘱望されていました。
群集の中にあっても、すぐ目に付く際立ったオーラがあり、貧しく、教育のない 多くのパキスタンの民衆に絶大な人気がありました。
パキスタンの文盲率は75%とも60%とも言われますが、核を持ち、ロケットも打ち上げているアーリア系の優秀な民族です。
彼女は貧しい人々の家を1軒づつ回り、支持を拡げて行ったそうです。

パキスタンは核実験実行後、欧米 日本の経済制裁にあい、経済が疲弊しましたが、ムシャラフ大統領になってから、7%を超える経済成長をとげ、経済が活性化し、BRICsに次ぐ高成長国として注目されています。
フランスのブランド品の皮製品の一部もパキスタンで作られているそうです。
経済の高度成長に、政治社会の安定は必須条件で、今回のブット首相の暗殺は、パキスタン経済にとって、大きな打撃でありました。

アフガニスタンでタリバンの勢力が復活しつつあり、それが南下してパキスタンに浸透して行くことが危惧されています。
インド洋からパキスタン、アフガニスタンを経て、中央アジア、ロシア、中国への通商路を開くのが、ブット首相の念願であり、その為、アフガニスタンのタリバンを支援した結果、タリバンが化物の様に巨大化し、世界のテロの脅威の源泉に変質したのです。
彼女の失政でありました。

最も危険なことは、パキスタンは核爆弾を 40発から50発持っている事です。
もしそれが、アルカイダやタリバンの手に渡ると、テロの標的になっている全ての国々
が大きな危険を抱え込むことになります。 まずは、アメリカ、イギリス、インド、イスラエルあたりが標的になるでしょう。

核爆弾がイスラム過激派に渡り、攻撃されたら、世界は破滅的損害を被ることになります。株式市場の破滅的混乱にはじまり、商品市場の暴騰、金価格の暴騰など、日本のような食糧自給率の低い国は、食料危機さえ起こりかねません。
放射能汚染による環境の悪化による人類の生存自体が危機に直面します。
パキスタンの混乱は決して “対岸の火事“ではないのです。
パキスタンの原爆の父“と言われたカーン博士により、中東には既に”核の闇市場“があると評されています。
ロシアー北朝鮮―パキスタンーイランーシリアに続く核技術の流失はどこまで行っているのか確証が得られません。
2008年は、その様な危機のとば口にあるのかもしれないのです。
危機を煽るつもりはありませんが、最悪のシナリオも頭に入れておく事が必要な時代なのです。

先週の答
「若くてもボケる。40歳くらいからボケがはじまる」

厚生省のデーターによると、痴呆患者の内、
○ 40歳から64歳の間で発症。32,3%
○ 65歳以上         67,7%

男女の発症比率
○40から64歳まで  男性 64,6%   女性 35,4%
○64歳以上      男性 38,7%   女性 61,3%

男性は若くしてボケる人が多く、女性は年取ってボケる人が多いのです。

今週のクイズ
牛肉でもっともカロリーの低い部分はどこだろう。
1) 肩ロース
2) もも
3) ヒレ
4) サーロイン
  

[total : 714]
( 11 / 24 )

番号

タイトル

掲示日

414 2011年8月第5週 「ポーランド クラコフ」 11-08-29
413 2011年8月第4週 「超円高」 11-08-22
412 2011年8月第3週 「飛行機」 11-08-15
411 2011年8月第2週 「免許停止講習」 11-08-08
410 2011年8月第1週 「ユダヤ人の悪評と栄光」 11-08-01
409 2011年7月第4週 「物流」 11-07-25
408 2011年7月第3週 「なでしこJapan」 11-07-18
407 2011年7月第2週 「最近熱くなった事」 11-07-11
406 2011年7月第1週 「支払いをしてもらう事」 11-07-04
405 2011年6月第5週 「中国のコピー商品」 11-06-27
404 2011年6月第4週 「中小企業の悲哀と活力」 11-06-20
403 2011年6月第3週 「シンセンでの事」 11-06-13
402 2011年6月第2週 「停電」 11-06-06
401 2011年6月第1週 「世界初、タッチ パネル 裸眼3Dデスプレイ」 11-06-01
400 2011年5月第4週 「Be Strong Japan.」 11-05-23
399 2011年5月第3週 「香港6年連続競争力世界一」 11-05-16
398 2011年5月第2週 「マジック バルブのテレビ放映」 11-05-09
397 2011年5月第1週 「いつもと違うぞ、香港出張」 11-05-02
396 2011年4月第4週 「地震で判った事」 11-04-25
395 2011年4月第3週 「地震と世界の支援」 11-04-19
394 2011年4月第2週 「恐ろしい話」 11-04-11
393 2011年4月第1週 「計画停電とマジックバルブの評判、新しい使い方」 11-04-04
392 2011年3月第5週 「計画停電とマジックバルブ」 11-03-29
391 2011年3月第4週 「大地震2」 11-03-22
390 2011年3月第3週 「大地震」 11-03-15
389 2011年3月第2週 「デジタル サイネージの革命」 11-03-07
388 2011年2月第5週 「世界初、裸眼3Dアーケード ゲーム機」 11-02-28
387 2011年2月第4週 「日本の国際協力」 11-02-21
386 2011年2月第3週 「冬のソ\ウル」 11-02-15
385 2011年2月第2週 「日本国債の格下げ」 11-02-07

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp