ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2007年4月第1週 「5年ぶりのドイツ2」

ドイツが東西統一して人口8000万人のヨーロッパ最大の人口になった時、多くの国々特にヨーローツパの国々は大いに心配しました。
第一次世界大戦、第二次世界大戦の悪夢の再現を恐れたのです。
大き過ぎるドイツは、それだけで問題と思われたのです。
しかし、旧東ドイツは統一ドイツの御荷物になり、1990年の統一後17年経った現在も、経済開発の為の大きな資金投入が続けられているにも拘らず、旧東西ドイツの融合は上手くいっていません。失業率も旧西ドイツが8%台なのに、旧東ドイツは17%になっているのです。
ドイツ企業も、外国企業も、人件費の高いドイツを嫌い、ハンガリーやポーランドなどの東欧諸国に工場を移している為、失業率が下がらないのです。
高い失業率は、移民問題にも大きな影を映しています。

ハノーバーからの帰路、クレディ スイス銀行のドイツ育ちの山崎さんと言う立派な紳士と隣り合わせになりました。
ドイツ育ちなので、当然なのでしょうが、ドイツ語の新聞を読んでおられました。
大学のドイツ語を「C」でやっと単位を取った身としては、それだけで尊敬してしまいました。英語、ドイツ語、日本語の他、フランス語も解られるようで、教養が背広を着ている様な方でした。その方にドイツの事を聞きしました。
日本とドイツは共通するものが多いとの事でした。
1)出生率の低下による人口の減少。
2)不動産デフレ。
3)銀行の不良債権。
ドイツの1.33(日本は1.26)と言う出生率は、隣国フランスの1.90と比較して語られる事が多いようです。高齢化が進展し、日本と同様、年金や、医療費など将来大きな問題になると懸念されています。
ドイツのゲルマン魂は、大和魂に共通するものがあり
1)友情に厚い。
2)義理人情を重んじる。
3)家族意識が強い。
4)組織における帰属意識が強い。
ドイツも日本も、次第に過去の良さを失いつつありますが、それでも、社会の規範はそれほど、崩れてはいないのです。何年ぶりに会うのに、電話1本で500Kmも走ってやって来て、自宅に泊まれと言う。一見 とっつきにくいが朴訥で信頼できる人々なのです。ただ、見かけは、フランス人やイギリス人に言わせると、所謂「ダサイんだよなー」との事でした。

更に戦後の経済復興を、国家主導の銀行を中心とした間接金融に大きく依存して発展した点も日本と同様で、これまで、限られた国民の預金を銀行貯金や郵便預金の形で集め、これら資金を主要大企業に集中して使わせ戦後経済の発展を主導し、大きな成果を上げてきました。
しかし、結果として銀行の不動産融資を中心とした巨額な不良債権が発生し、経済全体に大きな影響を与え、日本同様、長期の経済低迷の時期を経て、やっと、ここ2から3年で株価の上昇を見るまでになってきました。
日本では経済低迷の時期に、株式市場を中心に、直接金融を十二分に活用したアメリカ、イギリスを中心とした、所謂ハゲタカファンドが、不動産、企業、株式を買い漁り、大きな利益を上げました。
今、ドイツがそのターゲットになりつつあります。
ドイツの不動産はやっと底を打ち上昇に転じてきました。これから、ドイツの優良な不動産は東京と同様、大きな値上がりが期待出来ると言われています。
都市としては、ハイテクの集まっているミュンヘン辺りが有望と言う。
首都ベルリンは政治都市で、大きな企業の本社は無いので、同じ首都でも東京とは大きく違い、それほど有望とは言いがたいと言う。
お金のある方は、ドイツの不動産に投資したらどうでしょう。
その時は信頼できる、山崎さんに相談される事をお薦めします。
  

[total : 723]
( 12 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

393 2011年4月第1週 「計画停電とマジックバルブの評判、新しい使い方」 11-04-04
392 2011年3月第5週 「計画停電とマジックバルブ」 11-03-29
391 2011年3月第4週 「大地震2」 11-03-22
390 2011年3月第3週 「大地震」 11-03-15
389 2011年3月第2週 「デジタル サイネージの革命」 11-03-07
388 2011年2月第5週 「世界初、裸眼3Dアーケード ゲーム機」 11-02-28
387 2011年2月第4週 「日本の国際協力」 11-02-21
386 2011年2月第3週 「冬のソ\ウル」 11-02-15
385 2011年2月第2週 「日本国債の格下げ」 11-02-07
384 2011年1月第5週 「iPhoneは made in Japan? 2」 11-01-31
383 2011年1月第4週 「iPhoneはmade in Japan?」 11-01-24
382 2011年1月第3週 「オール JAPAN」 11-01-20
381 2011年1月第2週 「勤勉と浪花節」 11-01-13
380 2011年1月第1週 「あけましておめでとうございます」 11-01-04
379 2010年12月第5週 「裸眼3Dの未来を拓く CLD方式」 10-12-28
378 2010年12月第4週 「天皇陛下」 10-12-20
377 2010年12月第3週 「マジック バルブ 第2弾」 10-12-13
376 2010年12月第2週 「東京の花柳界」 10-12-07
375 2010年11月第5週 「海外で通用する人材」 10-11-29
374 2010年11月第4週 「格安航空券」 10-11-22
373 2010年11月第3週 「パキスタンと非常ランプ 兼用 電球」 10-11-15
372 2010年11月第2週 「ノーベル賞について」 10-11-08
371 2010年11月第1週 「最近の世界の荷動き」 10-11-02
370 2010年10月第4週 「尖閣列島について」 10-10-25
369 2010年10月第3週 「マジック バルブ (LED電球)」 10-10-18
368 2010年10月第2週 「 劉 暁波 反政府活動家にノーベル賞」 10-10-12
367 2010年10月第1週 「驚きの世界の消費税」 10-10-04
366 2010年9月第4週 「倭寇」 10-09-28
365 2010年9月第3週 「3D立体の医療分野での応用」 10-09-21
364 2010年9月第2週 「財政再建3」 10-09-16

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp