ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2007年7月第5週 「世界の言葉2」

ある時、ファイナンスの件で、ロンドンの金融会社の人が3人来ました。
ニューヨーク、フランクフルト、ロンドンの支店からの3人でした。
当然、英語で話をしました。その中で、イギリスの若い男の人の話す英語がどうにも理解できない。先方がネイテブですので、当初は私の英語の実力のせいと思いましたが、全く、歯がたたない。ニューヨークから来た女性に正直に言いました。
「この人、英語を話しているのか」と聞くと彼女も「そうらしいが、何を言っているのか私にもよく判らない」と言う。
これには驚いた。「本場イギリス人の英語が判らないとはどう言うことか」と聞くと
「ロンドンの下町の若者の言葉でコックニーと言う話し方で、語尾を飲み込むように言う独特の言い回しらしく、聞き取りは難しい」と言う。語彙も流行の言葉が多く、良く判らないとの事でした。

シリコンバレーのベンチャー企業の取締役になりました。月1回、取締役会が行われました。
台湾人、イスラエル人、アメリカ人、インド人そして私が参加して、電話会議で行いました。日本時間の深夜12時から1時間ほど行いました。
ところが、話している内容が全く判らないのです。電話で聞き取りづらいと言うことはありましたが、それにしても聞き取りができない。自分の英語の実力を痛感させられました。
インド人やイスラエル人、台湾人の英語力にはとても太刀打ちできません。

オーストラリアの農家の人が来ました。会話の中で度々「サン ダイ」と言う。「太陽が死ぬ」と言うのは「天気が悪い事かな?」と思いました。
どうも違う。「サン ダイ」は「サンディ」日曜日の事でした。「フライ ダイ」は金曜日でした。
「私が英語の発音を教えてやるよ」と思わず言ってしまいました。
陽気なオーストラリア人は、クロコダイル ダンディーのように、陽に焼けた赤い肌をして、枯れ草の匂いがしました。
正しい発音など、全く頓着しない堂々とした身長190の「カンガルーのステーキは美味いぞ、ぜひ食べ来い」と言う荒野のジョン ウエインでした。

インドの人達の自信に溢れた英語も独特の発音で聞き取りが難しい。
自分の言葉が判らないのは相手が悪いと思っているのですから、ドキドキ話している日本人とは、根性が違うのです。
発音が違うと言ってやると「我々の英語はキングス イングリシュだ」というので、「お前のはマハラジャ イングリシュだ」と云ってやりましたが、実力は相手がはるかに上でした。

アメリカ 南部の言葉も難しい。南部 ジョージア州に留学した日本人の友人は、完璧な南部なまりの英語で、まき舌の発音は映画の様で、感心しました。
日本人にとって、一番聞き取りやすいのは、アメリカ東部の発音のように思います。日本の教科書が、その様になっているからなのでしょう。

本場、イギリスの発音も聞きなれていないだけに、難しいのです。
いづれにしても、海外で若い時に勉強していない私など、英語を母国語とする人達と同じ様に、英語を話すのは所詮無理なのですから、自信溢れた、インド人や、シンガポール人、香港人のように、ジャパニーズ イングリシュで、堂々と付き合いたいものです。

しかし、若い時に、現地で本格的に勉強しないと、なかなか、語学特に発音のマスターは困難と思います。
若い人にはどんどん海外に行かせたいものです。
言葉が判らないと当然言いたい事も言えず、ビジネスでも負けてしまうのです。そして、お互い理解する事も、喧嘩をする事も出来ないのです。
へたでも、自分の口で英語を初め、世界の言葉を話しましょう。
通訳を通して話すより、自分の口で話すほうが、数倍迫力があるのです。
  

[total : 738]
( 12 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

408 2011年7月第3週 「なでしこJapan」 11-07-18
407 2011年7月第2週 「最近熱くなった事」 11-07-11
406 2011年7月第1週 「支払いをしてもらう事」 11-07-04
405 2011年6月第5週 「中国のコピー商品」 11-06-27
404 2011年6月第4週 「中小企業の悲哀と活力」 11-06-20
403 2011年6月第3週 「シンセンでの事」 11-06-13
402 2011年6月第2週 「停電」 11-06-06
401 2011年6月第1週 「世界初、タッチ パネル 裸眼3Dデスプレイ」 11-06-01
400 2011年5月第4週 「Be Strong Japan.」 11-05-23
399 2011年5月第3週 「香港6年連続競争力世界一」 11-05-16
398 2011年5月第2週 「マジック バルブのテレビ放映」 11-05-09
397 2011年5月第1週 「いつもと違うぞ、香港出張」 11-05-02
396 2011年4月第4週 「地震で判った事」 11-04-25
395 2011年4月第3週 「地震と世界の支援」 11-04-19
394 2011年4月第2週 「恐ろしい話」 11-04-11
393 2011年4月第1週 「計画停電とマジックバルブの評判、新しい使い方」 11-04-04
392 2011年3月第5週 「計画停電とマジックバルブ」 11-03-29
391 2011年3月第4週 「大地震2」 11-03-22
390 2011年3月第3週 「大地震」 11-03-15
389 2011年3月第2週 「デジタル サイネージの革命」 11-03-07
388 2011年2月第5週 「世界初、裸眼3Dアーケード ゲーム機」 11-02-28
387 2011年2月第4週 「日本の国際協力」 11-02-21
386 2011年2月第3週 「冬のソ\ウル」 11-02-15
385 2011年2月第2週 「日本国債の格下げ」 11-02-07
384 2011年1月第5週 「iPhoneは made in Japan? 2」 11-01-31
383 2011年1月第4週 「iPhoneはmade in Japan?」 11-01-24
382 2011年1月第3週 「オール JAPAN」 11-01-20
381 2011年1月第2週 「勤勉と浪花節」 11-01-13
380 2011年1月第1週 「あけましておめでとうございます」 11-01-04
379 2010年12月第5週 「裸眼3Dの未来を拓く CLD方式」 10-12-28

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp