ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2006年 10月 第3週 「ノーベル平和賞」

今年度のノーベル平和賞がバングラデシュのグラミン銀行とその総裁 ムハムッド ユヌスに決まった。「貧乏人の銀行家」が最高の栄誉を得たのです。
1974年 大飢饉がバングラデシュを襲った絶望的な経済状況の中で、大学教授の職を辞して、貧困層を救う為、1976年、ユヌスはグラミン銀行を設立しました。
飢餓に苦しむ人々に日本、アメリカ、欧州各国が食料支援を行ないました。
しかし、これ等支援は人々を飢餓の淵から助け出しましたが、人々を貧困から救い出す助けににはなりませんでした。毎日、毎日 食べる為、慈善を請わねばならないのです。
ユヌスは考えました。「人々の持つ可能性を引き出す支援さえあれば、貧しい人々も自立できる。慈善を請う必要も無くなる。」
バングラデシュの首都ダッカに行った人ならお分かりなると思いますが、数多くの物乞いをする人々、道端のごみ同様に生活する路上生活者、手足の不自由な身障者、絶望的な貧困が日常の中に存在します。物乞いをする人々を見ないふりをして通り過ぎるのも、辛い事です。僅か10円、20円でいいのです。やっていたらきりがないとも言えますが、それで自己弁護してやらない自分が情けなく感じます。
バングラデシュは私達が考えているよりはるかに北に位置し、台湾と同じ位の緯度にあって、冬はそれなりに寒い。栄養失調の路上生活者は、最低気温が10度くらいになると、低温症で簡単に死んでしまうのです。
人々は本来勤勉な働き者です。しかし、ここには働く場所、機会が決定的に不足しています。月給US$20,から US$60.ほどと中国の半分以下の給料でも、雇ってくれるところがないのです。日給100円です。
貧困が人間を破滅させる社会がそこにあります。
日本とバングラデシュを比較しても、あまりに、その差が大きくて、さして意味はないかと思いますが、実態を推測する為、書いてみます。
日本バングラディッシュ
国土37万平方キロ
(70%が山地)
14万平方キロ
(日本の37%の国土、
平坦で肥沃な沖積地)
人口1.27億人1.4億人
平均寿命81.9歳62歳
一人当所得US$31000US$445
(日本の70分の1、
人口の63%が農業従事者)
自動車所有台数7400万台70万台
経済成長率1.7% 過去十年平均5.4%
識字率100%1999年40%、2002年61%
(インド63%、インドネシア66%)

ユヌスは絶望的な状況の中で、その中でも社会的弱者である女性に無担保で小口融資を始めたのです。村の女性42人に竹細工の材料費27ドルを私費で貸し付けたのが最初と言われています。融資は平均38000円の小額融資で「マイクロ、クレジット」と呼ばれ、農村を中心とした女性に急速に拡がりました。
数人の連帯保証グループを作らせ返済させたのです。融資の対象を農村の女性に的を絞り、98%の返済率を実現し、現在577万人に53億ドルの累計貸出額を達成するまでになりました。男性ではなく虐げられた、女性に的を絞ったのも慧眼と言えます。
マイクロクレジットはバングラデシュの発展に大きく寄与したのです。
それよりも貴重なのは、人々が慈善を請うのではなく、自ら働いて誇りを持って生きる尊厳取り戻した事でした。
私が、バングラデシュにソフトの開発センターと学校を創ったとき、ユヌスが大いに喜んだと伝え聞き、私もとても嬉しく思いました。
大統領や、大臣には何回かお会いしたのですが、一番会いたかった、ユヌスに会う機会はありませんでした。彼のノーベル平和賞は本当に嬉しいかぎりです。
(データは平成18年10月14日 日経新聞参照)
  

[total : 734]
( 13 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

374 2010年11月第4週 「格安航空券」 10-11-22
373 2010年11月第3週 「パキスタンと非常ランプ 兼用 電球」 10-11-15
372 2010年11月第2週 「ノーベル賞について」 10-11-08
371 2010年11月第1週 「最近の世界の荷動き」 10-11-02
370 2010年10月第4週 「尖閣列島について」 10-10-25
369 2010年10月第3週 「マジック バルブ (LED電球)」 10-10-18
368 2010年10月第2週 「 劉 暁波 反政府活動家にノーベル賞」 10-10-12
367 2010年10月第1週 「驚きの世界の消費税」 10-10-04
366 2010年9月第4週 「倭寇」 10-09-28
365 2010年9月第3週 「3D立体の医療分野での応用」 10-09-21
364 2010年9月第2週 「財政再建3」 10-09-16
363 2010年9月第1週 「財政再建2」 10-09-06
362 2010年8月第5週 「財政再建」 10-08-30
361 2010年8月第4週 「世界の珍味 3 動物の頭の料理」 10-08-23
360 2010年8月第3週 「世界の珍味 2 ブラジル」 10-08-16
359 2010年8月第2週 「世界の珍味 第一号」 10-08-09
358 2010年8月第1週 「一代の英雄 大川 功」 10-08-02
357 2010年7月第4週 「有名人の子孫」 10-07-26
356 2010年7月第3週 「3D元年から 6ヶ月」 10-07-20
355 2010年7月第2週 「世界の進歩」 10-07-12
354 2010年7月第1週 「裸眼3D市場レポート」 10-07-05
353 2010年6月第5週 「ユーロの危機」 10-06-28
352 2010年6月第4週 「井戸堀」 10-06-21
351 2010年6月第3週 「台北 Computex.」 10-06-14
350 2010年6月第2週 「デジタルサイネージ2」 10-06-07
349 2010年5月第5週 「デジタルサイネージ」 10-05-31
348 2010年5月第4週 「新製品」 10-05-24
347 2010年5月第3週 「クレーム」 10-05-17
346 2010年5月第1週 「バッテリー内蔵LED電球」 10-05-10
345 2010年4月第4週 「パナソ\ニック 3D TV 発売」 10-04-26

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp