ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2006年 11月 第1週 「泣きながら生きて」

11月3日文化の日、この日はたまたま、食事の後、家族でTVを見ていた。
めったにないことでした。いつものように、チャンネルを頻繁に変えていた娘が「これを見なくちゃいけないって大学で言われた」と言ってフジTVを映しました。

「泣きながら生きて」と言う中国不法滞在者のドキュメンタリーでした。

主人公の丁さんの住んでいたアパートが、私の家から歩いて10分ほどの山手線大塚駅の近くだったのです。10年以上大塚に住んでおられたので、多分、丁さんと大塚駅で行き違っていたと思います。

画面のいろいろな所に、知っている場所が出てきました。私達の日常の風景の中に、とても想像出来ない、すざましい生き方をしている人がいたのです。

文化大革命の下放から上海に戻った丁さんは教育を受ける機会も無く、希望の無い生活にもがいていました。絶望の生活から脱出する為、選んだ道は日本でした。

1989年35歳の丁さんは、単身、大学に進もうと、借金を重ねて来日したのですが、大学進学の夢は破れたのです。

懸命に働いて上海の家族に送金し、外国の一流校で勉強すると言う自分の夢を、娘に託したのでした。

工場、飲食店、ビルの清掃と3つの仕事をこなし、帰るのは深夜と言う生活を続け、壁に貼った小学4年生の娘の写真を見ながら、ひたすら働いたのです。

捕まれば即、強制送還の心休まらない日々でありました。

丁さんの夢を託した娘さんがニューヨーク州立大学留学の時、東京24時間のトランジットで再会を果たしたのは8年後で、奥さんとの再会は13年後でありました。

思いは遥か上海の家族の下、文字通り「泣きながら生きる」15年余でありました。

東京での厳しい生活に耐え、辛い生活を積み重ねた年月、今の日本人には、想像できない人生が私の街にあったのです。

確かに不法滞在は正当化できないかもしれませんが、日本に感謝し、税金も納めて正しく10年位生活した不法滞在者には、何か特別の処遇をしても良いのではないだろうか。
この番組を見て切にそう思いました。日本はこれから人口が減少します。
丁さんの様な、本当に日本の底辺を支えてくれた真面目な中国人を、日本人も手本とすべきこの様な人達を、どうして受け入れてあげられないのだろうか。

丁さんを受け入れておけば、娘さんも日本の大学に来たかもしれない。
娘さんはニューヨク州立大学医学部に進みました。

日本には約19万人の不法滞在者がいるそうです。様々な理由で自分の国にも帰れず、長期間隠れるように働いて、家族に仕送りしているようです。
日本人のやらない下働きをして、日本の産業の最下層をささえているのです。

アメリカでは、不法滞在者を一定の条件のもと受け入れて、社会の活性化を図っています。
日本でも出来るはずです。

「日本人はがんばっていると思う。中国人は見習わなければならない」と丁さんは言ってくれました。
15年後、上海に帰国する時、飛行機の中で、日本に手を合わせてくれました。

本当にそれに値するような日本なのだろうか。「泣きながら生きた」日本、それでも日本に感謝してくれたのです。

10年もかけて創ったドキュメンタリー、良く創り上げたものです。それもNHKでないフジTVが創ったのです。フジTVははっきり言ってあまり見たい番組がないと思っていました。17%を超える視聴率を上げ、更に再放送の要望も多く寄せられていると聞きます。
この番組でフジTVを見直しました。張 麗玲と言う全く無名の中国からの留学生の熱い提案を横山と言うプロデューサーが共感して10年に及ぶ製作が継続されたのです。

正直、私も以前、将来性豊かな不法滞在の若者を、雇ったことがありました。違法でした。

現在、ある人は国に帰って、政府の高官に、何人かは起業して会社経営を、アメリカに渡って成功した人もいます。

しかし、不法滞在者を雇うと、経営者は実刑を喰う可能性があります。
確かに丁さんを支えた日本人がいたのでしょう。本当はその様な日本人を表彰してやりたいものです。

このドキュメンタリーは中国でも大きな反響があったそうです。丁さんは日本政府の行なうどの施策より、中国の人々の心に迫り、日本人の心をうち、日中友好に役立ったと思います。

丁さん、ありがとう。丁さん家族の生き方は、同じように「泣きながら生きて」いる私達日本人に、大きな勇気をくれました。
出来れば、幸せになって、堂々と胸を張って、是非とも東京、大塚に また、来てください。

そして、東京に住み、働いてください。いかに愚かな外務省と言えども、今度はビザを出すでしょう。
  

[total : 730]
( 13 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

370 2010年10月第4週 「尖閣列島について」 10-10-25
369 2010年10月第3週 「マジック バルブ (LED電球)」 10-10-18
368 2010年10月第2週 「 劉 暁波 反政府活動家にノーベル賞」 10-10-12
367 2010年10月第1週 「驚きの世界の消費税」 10-10-04
366 2010年9月第4週 「倭寇」 10-09-28
365 2010年9月第3週 「3D立体の医療分野での応用」 10-09-21
364 2010年9月第2週 「財政再建3」 10-09-16
363 2010年9月第1週 「財政再建2」 10-09-06
362 2010年8月第5週 「財政再建」 10-08-30
361 2010年8月第4週 「世界の珍味 3 動物の頭の料理」 10-08-23
360 2010年8月第3週 「世界の珍味 2 ブラジル」 10-08-16
359 2010年8月第2週 「世界の珍味 第一号」 10-08-09
358 2010年8月第1週 「一代の英雄 大川 功」 10-08-02
357 2010年7月第4週 「有名人の子孫」 10-07-26
356 2010年7月第3週 「3D元年から 6ヶ月」 10-07-20
355 2010年7月第2週 「世界の進歩」 10-07-12
354 2010年7月第1週 「裸眼3D市場レポート」 10-07-05
353 2010年6月第5週 「ユーロの危機」 10-06-28
352 2010年6月第4週 「井戸堀」 10-06-21
351 2010年6月第3週 「台北 Computex.」 10-06-14
350 2010年6月第2週 「デジタルサイネージ2」 10-06-07
349 2010年5月第5週 「デジタルサイネージ」 10-05-31
348 2010年5月第4週 「新製品」 10-05-24
347 2010年5月第3週 「クレーム」 10-05-17
346 2010年5月第1週 「バッテリー内蔵LED電球」 10-05-10
345 2010年4月第4週 「パナソ\ニック 3D TV 発売」 10-04-26
344 2010年4月第3週 「DISPLAY 2010 SHOWを終えて」 10-04-19
343 2010年4月第2週 「DISPLAY 2010開催」 10-04-12
342 2010年4月第1週 「坂の上の雲」 10-04-05
341 2010年3月第5週 「3D 立体 ゲーム【A列車で行こう】」 10-03-29

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp