ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2006年 12月 第1週 「同性愛者」

日本の一流銀行のロンドン支店の人と話しました。ニューヨークと世界を2分する金融のメッカ、シティで働いている人です。

驚く事を聞きました。その支店には何人かの、日本人の同性愛者、それと、ヨーロッパ系の同性愛者がいると言う。

「本当に、”おかま”かどうかは分からないだろう」と聞くと、「女装しているし、言葉使いも女性そのものなので直ぐ分かるよ」と言われました。
「男が女装をして、出勤し、その姿で仕事をしているから直ぐ分かる」と言う。
えー そんな事ってあるのだろうか。

「如何に、海外支店とは言え、お堅い事で定評のある日本の銀行が公然と分かる状態で、所謂、おかまに仕事をさせるとは考えられない」と言うと、
「イギリスで同性愛者と言うことで差別する事は、法律で厳しく禁止されており、あくまでも、職場での評価は仕事ができるかどうかと言うことで、おかまでも、レスビアンでも差別されることはない」と言う。

職場は金曜日がカジュアル ディーになっていて服装自由なのです。
最初は、金曜日だけ女装してくるが、そのうち、平日も女装してくるようになると事です。

仕事はきちんとやり、能力も認められていると言う。
日本やイギリスの一流大学を出た能力のある人達で、話し方、化粧、服装以外、特別な事はなく、楽しい人達だそうです。

「銀行に行って、そんな人達が出てきたら、お客さんは驚くだろう」と聞くと、「イギリスではどこに行っても、同性愛者が多いので、それほど驚かれる事はない」との事でした。日本ではとても考えられない事です。

「日本で、女装をして銀行に出勤したら、それこそ、社内が大混乱して、銀行は性格異常者として、即刻、首にする」と言うと、「イギリスだけでなく、EUでは、絶対にそのようなことはない。生まれつき、自分の性に違和感のある人はいるので、基本的人権として、認めなければならない」と言う。

確かに、その通りかもしれないが、一般の日本人の持っている同性愛者のイメージはには抜きがたい偏見があり、とても、受け入れることが出来ない、異常の世界との印象をもっている人がほとんどであろうと思います。

特に、日本の銀行に、おかまがいると言うと、銀行の信用に関るような大事件になると思います。

しかし、文化的背景が異なるので時間はかかるかもしれませんが、セクハラが企業経営の大きなリスクになっている様に、同性愛者に対する偏見差別もいつか日本において、問題になるであろうと予想できます。

アメリカも同様のようで、職場ではあくまでも、仕事の能力以外で、差別してはならないのです。

採用に当たっては、性別、年齢、人種、宗教、住所、身体条件、既婚未婚、家族の事、政治信条など、聞いてはいけないのです。
そんな事を聞くと、本人の能力以外で差別した可能性があるとのことで、訴えられ、巨額な賠償を要求されかねません。

ヨーロッパ アメリカでは日本と異なり、同性愛者の地位がしっかりと社会に受け入れられているようです。
  

[total : 742]
( 13 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

382 2011年1月第3週 「オール JAPAN」 11-01-20
381 2011年1月第2週 「勤勉と浪花節」 11-01-13
380 2011年1月第1週 「あけましておめでとうございます」 11-01-04
379 2010年12月第5週 「裸眼3Dの未来を拓く CLD方式」 10-12-28
378 2010年12月第4週 「天皇陛下」 10-12-20
377 2010年12月第3週 「マジック バルブ 第2弾」 10-12-13
376 2010年12月第2週 「東京の花柳界」 10-12-07
375 2010年11月第5週 「海外で通用する人材」 10-11-29
374 2010年11月第4週 「格安航空券」 10-11-22
373 2010年11月第3週 「パキスタンと非常ランプ 兼用 電球」 10-11-15
372 2010年11月第2週 「ノーベル賞について」 10-11-08
371 2010年11月第1週 「最近の世界の荷動き」 10-11-02
370 2010年10月第4週 「尖閣列島について」 10-10-25
369 2010年10月第3週 「マジック バルブ (LED電球)」 10-10-18
368 2010年10月第2週 「 劉 暁波 反政府活動家にノーベル賞」 10-10-12
367 2010年10月第1週 「驚きの世界の消費税」 10-10-04
366 2010年9月第4週 「倭寇」 10-09-28
365 2010年9月第3週 「3D立体の医療分野での応用」 10-09-21
364 2010年9月第2週 「財政再建3」 10-09-16
363 2010年9月第1週 「財政再建2」 10-09-06
362 2010年8月第5週 「財政再建」 10-08-30
361 2010年8月第4週 「世界の珍味 3 動物の頭の料理」 10-08-23
360 2010年8月第3週 「世界の珍味 2 ブラジル」 10-08-16
359 2010年8月第2週 「世界の珍味 第一号」 10-08-09
358 2010年8月第1週 「一代の英雄 大川 功」 10-08-02
357 2010年7月第4週 「有名人の子孫」 10-07-26
356 2010年7月第3週 「3D元年から 6ヶ月」 10-07-20
355 2010年7月第2週 「世界の進歩」 10-07-12
354 2010年7月第1週 「裸眼3D市場レポート」 10-07-05
353 2010年6月第5週 「ユーロの危機」 10-06-28

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp