ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2006年 12月 第2週 「世界で活躍する日本の中古品」

日本から随分いろいろな中古品が世界に輸出されています。

最も大規模に行なわれている商品は何と言っても中古車ではないでしょうか。
日本製の中古車の輸出の多くがパキスタン、インドなどの人達によってなされているそうです。

大阪、埼玉、新潟、札幌など、仕向け地によって業者が集まっている場所は異なりますが、特に低価格車はインド、中東系の人達の独壇場のようです。

アジア、アフリカの国々では、車の輸入関税が極めて高い為、車をバラバラに分解して、部品として輸入し、再度、組み立てると言う。バングラデシュとイランで見た事ですが、車を半分に輪切りにして、スクラップとして輸入し、税金を免れ、現地で繋ぎ合わせていました。本当に凄い技術力でトヨタと日産のあいの子の車もありました。

兎も角、何でも修理したり、組み立てたりしているのには、感心を通り越して、尊敬してしまいました。その技術力は素晴らしい。

部品も手作りで、作ってしまうのです。トヨタの純正部品は高すぎてとても使えないのです。中国製の「TOYOTDA]のコピー部品がで、便利に使われていました。

街には日本で使っていたまま、大きく日本語の社名が入った中古車が走っているのです。
「渡辺豆腐店」「川口木工所」「埼玉運輸」とか書いてある車が、モスクワやテヘランや、ダッカの街を走っているのですから、笑ってしまいました。
国際興業のバスも走っていました。

社名と住所が入った車を見かけましたので、写真を撮って、元の所有者に送ってあげました。非常に驚かれ、まさか、自分の愛車がはるばる、ダッカでまだ走っているとは想像もしなかったそうです。

日本の文字が入っていた方が本当に日本から来たと証明でき、高く売れるので消さないのだと言う。

ロシアに5万円ほどの中古車が大量に輸出されている事は有名ですが、併せて、オートバイや自転車も船のデッキに山積みになって、輸出されています。

駅前の放置自転車の多くが、ロシアだけでなく、北朝鮮に出ている様です。駅前に置いて、盗まれた私の自転車も、北朝鮮で走っているかもしれない。

ヤマハや、河合のピアノも超人気で、その多くが中国をはじめ、アジアでひっぱりだこと聞きました。

中国には何千万人もの、ピアノを習っている若い人達がおり、日本のピアノは本格的に学校で勉強している学生が特に欲しがっているそうです。

日本で使われなくなったピアノが、優秀な中国の学生に使われ、役に立つとすれば、非常に有意義な事です。

日本の家庭にある一般のアップライト型の中古ピアノは業者に10万円から15万円で買い取られ、2倍から3倍の価格で中国で売られているようです。その値段も中国の一般家庭にとっては、決して安くはないのですが、日本製、特に、ヤマハは人気があるようです。

家電製品は、日本のリサイクルで有料回収されたものが、輸出に回っているようですが中国の安い家電が出回り、以前ほどの勢いはなさそうです。

それに代わって盛んなのが、中古PCで、ノートPCを中心に大量に輸出されています。
中古PCは必ずしも後進国だけでなく、アメリカ、ヨーロッパからも多くの引き合いがあります。日本語キーボードでも、特に問題はなさそうです。

デスクトップ PCもデスプレイは、CRT(ブラウン管)ではなく、液晶に代わってきています。後進国でも、もう、液晶の時代なのです。世界的に中古PCの需要は伸びています。

リサイクルが日本の大きな問題になっている現在、廃棄処分や、資材再利用だけではなく、アジアの国々に再利用(REUSE)してもらう事も、誠にありがたい事なのです。
  

[total : 722]
( 13 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

362 2010年8月第5週 「財政再建」 10-08-30
361 2010年8月第4週 「世界の珍味 3 動物の頭の料理」 10-08-23
360 2010年8月第3週 「世界の珍味 2 ブラジル」 10-08-16
359 2010年8月第2週 「世界の珍味 第一号」 10-08-09
358 2010年8月第1週 「一代の英雄 大川 功」 10-08-02
357 2010年7月第4週 「有名人の子孫」 10-07-26
356 2010年7月第3週 「3D元年から 6ヶ月」 10-07-20
355 2010年7月第2週 「世界の進歩」 10-07-12
354 2010年7月第1週 「裸眼3D市場レポート」 10-07-05
353 2010年6月第5週 「ユーロの危機」 10-06-28
352 2010年6月第4週 「井戸堀」 10-06-21
351 2010年6月第3週 「台北 Computex.」 10-06-14
350 2010年6月第2週 「デジタルサイネージ2」 10-06-07
349 2010年5月第5週 「デジタルサイネージ」 10-05-31
348 2010年5月第4週 「新製品」 10-05-24
347 2010年5月第3週 「クレーム」 10-05-17
346 2010年5月第1週 「バッテリー内蔵LED電球」 10-05-10
345 2010年4月第4週 「パナソ\ニック 3D TV 発売」 10-04-26
344 2010年4月第3週 「DISPLAY 2010 SHOWを終えて」 10-04-19
343 2010年4月第2週 「DISPLAY 2010開催」 10-04-12
342 2010年4月第1週 「坂の上の雲」 10-04-05
341 2010年3月第5週 「3D 立体 ゲーム【A列車で行こう】」 10-03-29
340 2010年3月第4週 「3DGoogle Earth」 10-03-23
339 2010年3月第3週 「イスラム教とテロ」 10-03-15
338 2010年3月第2週 「中国のコシヒカリ」 10-03-08
337 2010年3月第1週 「新しい裸眼3D立体デスプレイ」 10-03-01
336 2010年2月第4週 「イラン、トルコと日露戦争」 10-02-22
335 2010年2月第3週 「渋谷パルコの3DとAR イベント」 10-02-15
334 2010年2月第2週 「AR〔拡張現実〕」 10-02-08
333 2010年2月第1週 「3D TV元年」 10-02-01

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp