ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2006年 1月 第2週 「人口の減少」

最近、少子化による人口減少の論議が盛んに行なわれ、政府の対策も急がれている。

日本の人口は下の図表にあるようにほぼ安定して増加を続け、明治以降の爆発的増加が2004年ピークを打ち、急激な人口減少時代に入る。

日本の人口の増減のエポックは以下のようになります。

8000年前 10万人
紀元200年頃(弥生時代) 60万人
1603年 (戦国時代) 1000万人
1868年 (明治維新) 3900万人
1912年 (大正) 5000万人
1967年 (昭和) 1億人
2004年 (平成14年) 1億2768万人(ピーク)
2050年 (平成59年) 1億人
2100年 4100万人
2200年 852万人

人口が1000万人になるのに約7600年かかっているが、明治以降138年間で3900万人が1億2768万人と8800万人急増しています。

そしてこれから、このままの状況を放置すれば、195年後には1億1916人減少して戦国時代以前と同じ程度の、852万人になると言う。

852万人になったら、日本中空家だらけになり、お寺には無縁仏で埋め尽くされてしまう。日本と言う国自体が無くなってしまいます。

1000万人を切る人口は考えにくいとしても、半分の6000万人くらいは想定の範囲としなければならないのではないでしょうか。

半分になったら、多くの過疎地が生まれ、現在の道路、橋、鉄道、通信、年金、健康保険などの社会資本の維持は極めて困難になる。

しかし、一つの例として、現在のロンドンの状況がある。イギリスの人口約6000万人の10%強が住むロンドンの約35%が外国人と言う。

日本、そして、東京はロンドンと同じような状況になる事が予想される。
気候に恵まれ、豊かな国土は言語の問題を解決すれば、イギリスの様に多くの、主としてアジアの人々が来てくれる国になるでしょう。

当面の人口の減少は避けられない事実ではありますが、未婚率を下げ、出生率を上げる政策のほか、私達がより国際化して、外国人を受け入れれば、人口の減少は少なくなるでしょう。

最近、30代、40代の独身男女がやたらと多いのも気になる現象です。彼等が格別、独身主義の硬い信念を持っているとも思えない。なんとなく独身と言う人達が多い。

乱暴かもしれないが、35歳以上の独身者には独身税を取ったらどうだろう。何かやらなければ、今後ますます独身者が増えるように思われる。

40歳以上の独身者のいる家は、一族郎党まとめて処罰するなどと言うことは出来ないにしても、家族、地域全体で独身男女が知り合う機会をつくる努力をしたいものです。

徴兵制ではないが、35歳になったら独身者を強制的に3ヶ月間共同生活させて、ボランティアをしてもらい、知り合う機会を増やしたらどうだろう。
子供のいない夫婦が望めば、不妊治療は政府が補助したい。

将来の適正人口は1億人とも、7000万人とも言われています。
安心して、1家に3人の子供が持てるようになれば、少子化対策も万全なのですが、2人が普通の感覚では、3人は困難かもしれない。
若い夫婦に「理想の子供の数は」と聞いたところ3人と言っているそうです。

中国の「1人子政策」に対抗して」「3人子政策」を取ってはどうだろう。3人以上の家庭の税金はただにしましょう。子供の数が4人、5人と多い家庭への補助を多くしましょう。

馬鹿げているかもしれないが、尋常でないことをやらなければ、日本人は絶滅危惧種になって250年後には、本当に絶滅してしまいます。

日本の人口推移図
  

[total : 734]
( 14 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

344 2010年4月第3週 「DISPLAY 2010 SHOWを終えて」 10-04-19
343 2010年4月第2週 「DISPLAY 2010開催」 10-04-12
342 2010年4月第1週 「坂の上の雲」 10-04-05
341 2010年3月第5週 「3D 立体 ゲーム【A列車で行こう】」 10-03-29
340 2010年3月第4週 「3DGoogle Earth」 10-03-23
339 2010年3月第3週 「イスラム教とテロ」 10-03-15
338 2010年3月第2週 「中国のコシヒカリ」 10-03-08
337 2010年3月第1週 「新しい裸眼3D立体デスプレイ」 10-03-01
336 2010年2月第4週 「イラン、トルコと日露戦争」 10-02-22
335 2010年2月第3週 「渋谷パルコの3DとAR イベント」 10-02-15
334 2010年2月第2週 「AR〔拡張現実〕」 10-02-08
333 2010年2月第1週 「3D TV元年」 10-02-01
332 2010年1月第4週 「不正資金 賄賂」 10-01-25
331 2010年1月第3週 「新規上場と成長するアジア」 10-01-18
330 2010年1月第2週 「3D元年」 10-01-12
329 2010年1月第1週 「あけましておめでとうございます」 10-01-04
328 2009年12月第5週 「国家予\算」 09-12-28
327 2009年12月第4週 「革命防衛隊」 09-12-21
326 2009年12月第3週 「ドバイ ショック」 09-12-14
325 2009年12月第2週 「価格 下落」 09-12-07
324 2009年11月第5週 「円高の激震」 09-11-30
323 2009年11月第4週 「世界の朝食 香港 飲茶編」 09-11-24
322 2009年11月第3週 「世界の朝飯」 09-11-16
321 2009年11月第2週 「香港 中国の日本食」 09-11-09
320 2009年11月第1週 「最近の香港」 09-11-02
319 2009年10月第5週 「海外不動産」 09-10-26
318 2009年10月第4週 「肝臓2」 09-10-20
317 2009年10月第3週 「肝臓」 09-10-13
316 2009年10月第2週 「あこがれのカリフォルニア」 09-10-06
315 2009年9月第5週 「鳩山首相の評判」 09-09-28

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp