ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2006年 6月 第4週 「金利が上がると」

全国の消費者物価指数はこのところ、97%、98%の水準を維持して、上昇の気配は見られません。特に東京都では96%台で推移しています。

完全失業率は5%を割って4.7%台になってきました。有効求人倍率は全国で1.0倍ですが、東京都では1.5倍になり、特に、アルバイトの確保が難しくなって単純労働の人材派遣業界は採用に苦労しています。

百貨店の売上高は2005年6月まで、スーパーの売上高は2005年11月まで、対前年比マイナスを記録していましたが以後、プラスになる月とマイナスになる月が交じり合うようになりました。しかし、消費支出は昨年11月にプラスになったものの、一貫して対前年比マイナスを記録してきています。10年以上この傾向が続いているのですから、日本全体の消費が如何に縮小してきているか、数字で確認できます。
国内の消費が落ち込んでいる分、輸出に依存する傾向が強まっています。

企業倒産件数は
2003年 16,255件
2004年 13,679件
2005年 12,998件
件数、金額とも減少してきています。

この様な状況にあって世界的に金利の上昇が言われています。
1.アジアの急激な工業化。
2.アメリカの景気の堅調。
3.インフレ懸念。
4.原油をはじめ工業原材料と農産物などの価格の急上昇。
これ等が総合的に作用して金利の上昇圧力になっているようです。

一時、アメリカの金利上昇打ち止めが言われ、円が大きく買われました。しかし、原油価格に引きずられたアメリカの消費者物価の上昇により、バーナンキFRB議長が利上げ継続を匂わせるに至り、楽観的な見方が崩壊し、円も115円台まで下落しました。

日本は10年間続いた日銀の超金融緩和政策が、3月9日の「量的金融緩和からの脱却」宣言により終止符を打ちました。バブルの崩壊に始った日本経済のノックアウト状態からの脱却が実現したのです。

景気上昇は4年を超え、戦後最長のいざなぎ景気を上回るのは確実と言われ、この景気は10年は続くとさえも言われるようになりました。
そして、いよいよ、金利上昇の時代に入ったのです。

確かに、消費者物価の顕著な上昇がない、消費需要が低迷しているなど金利上昇の条件が整ってきている状況ではないのですが、
1)輸出企業を中心とした企業業績の好調。
2)原油など、原材料価格の急上昇。
3)東京、名古屋を中心に不動産価格の高騰。(銀座などはバブル期なみに高い。)
4)金融機関の不良債権処理の完了と収益の急回復。

など、異常な状態を抜け出た今、正常な金利の感覚が戻ってきたのです。
ゼロ金利とそれに伴う円安により、銀行、大企業は政府から大きな補助金をもらうのと同様の効果を享受して業績を回復してきました。

庶民の1年定期預金金利0.03%(100万円預けて300円の金利)も0.08%に上がりました。「超金融緩和」は、庶民の犠牲の上に成り立つ大企業超優遇政策だったのです。
金利が上がります。まず、住宅ローンで庶民の懐を直撃します。

例、4000万円の借入の場合
金利 2.6%の時 毎月の金利支払い  19万5千円
   3.6%の時 毎月の金利支払い  21万1700円
   4.6%の時 毎月の金利支払い  23万3000円

4%代の住宅ローン金利は過去よくありました。6%の時もありました。何処の銀行も個人の住宅ローンに力入れています。借り換えも含めて有利な契約をしたいものです。
金利が上がると、一般的には円高になりますので、輸入物価が下がります。
これは、庶民には良さそうです。金利上昇をプラスに出来るよう借金は返したいものです。

クイズ
日本の住宅ローン金利は2%台ですが、住宅ブームのアメリカでは
何%くらいなのでしょう?
正解は来週お知らせします。
  

[total : 714]
( 14 / 24 )

番号

タイトル

掲示日

324 2009年11月第5週 「円高の激震」 09-11-30
323 2009年11月第4週 「世界の朝食 香港 飲茶編」 09-11-24
322 2009年11月第3週 「世界の朝飯」 09-11-16
321 2009年11月第2週 「香港 中国の日本食」 09-11-09
320 2009年11月第1週 「最近の香港」 09-11-02
319 2009年10月第5週 「海外不動産」 09-10-26
318 2009年10月第4週 「肝臓2」 09-10-20
317 2009年10月第3週 「肝臓」 09-10-13
316 2009年10月第2週 「あこがれのカリフォルニア」 09-10-06
315 2009年9月第5週 「鳩山首相の評判」 09-09-28
314 2009年9月第4週 「会津 若松市」 09-09-24
313 2009年9月第3週 「モロッコでの事」 09-09-14
312 2009年9月第2週 「食料自給率」 09-09-07
311 2009年8月第5週 「改正 省エネ法」 09-08-31
310 2009年8月第4週 「歴史上の人物の推定 身長」 09-08-24
309 2009年8月第3週 「身長」 09-08-17
308 2009年8月第2週 「LED ライト」 09-08-10
307 2009年8月第1週 「衆議院選挙」 09-08-03
306 2009年7月第4週 「コンビニ弁当6億食が毎年捨てられる!!」 09-07-27
305 2009年7月第3週 「日本の評判」 09-07-21
304 2009年7月第2週 「アメリカ経済の現状」 09-07-13
303 2009年7月第1週 「イランの暴\動2」 09-07-06
302 2009年6月第5週 「イランの暴\動」 09-06-29
301 2009年6月第4週 「裸眼3D 立体デジタルサイネージ(液晶デスプレイ広告)」 09-06-22
300 2009年6月第3週 「世界の貧困層」 09-06-15
299 2009年6月第2週 「松下幸之助の饅\頭屋」 09-06-08
298 2009年6月第1週 「韓国人の親切」 09-06-01
297 2009年5月第4週 「台湾の事」 09-05-25
296 2009年5月第3週 「松下幸之助氏の不況克服の心得十\カ条」 09-05-18
295 2009年5月第2週 「生産の回復と日本人技術者」 09-05-11

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp