ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2006年 7月 第3週 「福井総裁」

村上ファンドに出資し多額の利益を上げていた日銀総裁が袋だたきにあっている。
庶民が100万円1年定期にしても、100円ほどしかならない金利しかもらえないのに、自らは中心人物が逮捕される違法性を含んだファンドに1000万円を投資して、5年で倍以上の利益を上げた事実に対し、非難が集まっている。

公開された2億9千万円と言う個人資産の多さも、ねたみもあるのか、反感を買っている。
日銀総裁になってからの3年間で、5600万円増えている。総裁の給与が3600万円、年金が780万円合計4380万円の年収があるので、3年で5600万円の資産が増えることに不自然さは全くない。

資産のほとんどは、それ以前、長く日銀に勤めていたときに出来たもので、「金持ちが日銀総裁になった」のであります。準公務員である日銀の行員をして、数億単位の資産を創ったのですから、これは大したものです。

「利殖にはど素人」と御本人が言う割にはどうしてどうして、億単位の資産を創られるのですから、特別の方法を知っておられるのでしょう。庶民にはとても真似が出来ない。

年金が780万円というのも、庶民には驚愕の金額であります。
いずれにしても、ファンドと言う元本保証のないリスクの高い投資に出資し、巨額の利益を上げたのであるから、本来、他人にとやかく言われる筋合いではない。

しかし、本当にそうだろうか。
日銀副総裁を退任して、民間に天下っていた時の投資と言うが、日銀の関係者と言う事で、特別の待遇を得ていた事が透けて見える。当時より次期日銀総裁と評されており、周囲も特別の扱いをしていた。それでなければ、村上がファンドへの投資を誘う訳が無い。

1000万円と言う金額は、村上ファンドにあっては無いに等しい金額で、福井さんの地位、名声を利用する為に、ほとんど億単位の投資の中、特別に小額の投資を受け入れたものであろう。

日銀総裁には高い倫理感を要求される。日銀総裁は聖人君子の貧乏人でなければならないと既定されている訳ではないので、いくら資産があっても、全く問題は無い。

問題とされるべきは日銀総裁に就任後、政策決定者自身が自己の利益のため、運用を継続していたと言う事実で、如何に言い逃れしようと、当然の倫理観を欠いた「利益相反取引」であるのは明確であります。

手の内を知っていた者が、運用を行うのですから、これは誰でも儲けられる。インサイダーと言われても仕方がない。

これまで、日銀に長く勤めて、巨額の資産を創ってこられた事実は、誰にも非難されることはないが、「プロ中のプロ」がこのような「利益相反取引」と見なされる行為をされるとは理解し難い。

世界の金融界において、アメリカのバーナンキFRB議長が、学者あがりで実務経験のなさを危惧されるなか、福井総裁は、日銀生え抜きの逸材として海外でその能力は高く評価されているだけに、村上如きの金の亡者の不法行為に間接的ながら関与されたことは、誠に残念であります。

欧米の日本経済のファンダメンタルの強さに対する信任は極めて厚く、日銀 福井総裁の経済の舵取りは強く期待されています。
もし、福井総裁が辞任すれば、一時的にせよ、株価下落、円の下落など、経済に影響がでるものと言われている。

村上ファンドの黒幕として非難されるべきは、むしろ、オリックスの宮内会長でありましょう。村上ファンド設立当初より、主導的にファンド資金の過半を投じ、運営に深く関り、巨額な利益を得ていた。

政府役職を歴任して、世間の名声を得ていた裏面で、違法行為に関与していたのですから、その経緯を明らかにする責任を果たすべきでしょう。国会喚問を受け逮捕されるのではと思っておりましたが、政界に深く関与していた為か、あやふやの内に、見逃されようとしています。

正義が貫かれる事を望むばかりです。いずれにしても、その知識、経験が如何に卓抜したものがあったにしても、福井総裁の責任は看過されるものではありません。
  

[total : 730]
( 14 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

340 2010年3月第4週 「3DGoogle Earth」 10-03-23
339 2010年3月第3週 「イスラム教とテロ」 10-03-15
338 2010年3月第2週 「中国のコシヒカリ」 10-03-08
337 2010年3月第1週 「新しい裸眼3D立体デスプレイ」 10-03-01
336 2010年2月第4週 「イラン、トルコと日露戦争」 10-02-22
335 2010年2月第3週 「渋谷パルコの3DとAR イベント」 10-02-15
334 2010年2月第2週 「AR〔拡張現実〕」 10-02-08
333 2010年2月第1週 「3D TV元年」 10-02-01
332 2010年1月第4週 「不正資金 賄賂」 10-01-25
331 2010年1月第3週 「新規上場と成長するアジア」 10-01-18
330 2010年1月第2週 「3D元年」 10-01-12
329 2010年1月第1週 「あけましておめでとうございます」 10-01-04
328 2009年12月第5週 「国家予\算」 09-12-28
327 2009年12月第4週 「革命防衛隊」 09-12-21
326 2009年12月第3週 「ドバイ ショック」 09-12-14
325 2009年12月第2週 「価格 下落」 09-12-07
324 2009年11月第5週 「円高の激震」 09-11-30
323 2009年11月第4週 「世界の朝食 香港 飲茶編」 09-11-24
322 2009年11月第3週 「世界の朝飯」 09-11-16
321 2009年11月第2週 「香港 中国の日本食」 09-11-09
320 2009年11月第1週 「最近の香港」 09-11-02
319 2009年10月第5週 「海外不動産」 09-10-26
318 2009年10月第4週 「肝臓2」 09-10-20
317 2009年10月第3週 「肝臓」 09-10-13
316 2009年10月第2週 「あこがれのカリフォルニア」 09-10-06
315 2009年9月第5週 「鳩山首相の評判」 09-09-28
314 2009年9月第4週 「会津 若松市」 09-09-24
313 2009年9月第3週 「モロッコでの事」 09-09-14
312 2009年9月第2週 「食料自給率」 09-09-07
311 2009年8月第5週 「改正 省エネ法」 09-08-31

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp