ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2005年 7月 第4週 「税金の事、国税庁の事」

恥ずかしながら、所得税を滞納し国税庁から厳しい取り立てを受けました。

アメリカで持っていた会社を数億円で売却し、(株式売却)アメリカ国内で一定の税金を払い、これで安心と、残ったお金を仕事に注ぎ込んでしまいました。

ところが、びっくり仰天、アメリカで売却した株式は、日本では未上場株式の扱いになり、所得税が16%かかるとの事、手許にはもう支払う現金がないのです。

支払いを猶予して欲しいと、地元の税務署と交渉したのですが、埒があかず、最終的に東京国税局徴収部特別整理第五部門管轄事案となりました。
 いくら以上がこの部門に送られるのか判りませんが、かなりの金額以上であろうと推測されました。

国税庁徴収部は大手町の川沿いの巨大な総合庁舎の中にあり、その中で特別整理部門は、広いスペースを取っていました。
多くの職員が机を並べています。税金を払えない人がそれだけ沢山いるのでしょう。

特別整理と言う、恐ろしい名前の許、第一部門から第十部門位まである様でした。 大口税金滞納者の網走刑務所みたいなところなのでしょう。

どんな、理由があろうが、税金を払わない者は犯罪者なのです。今まで滞納した事が全くなくても、相手が有名人であろうと、大学教授であろうと、全く容赦はありません。

「財産を競売にかける」が口癖で、滞納者を追い込む。流石にサラ金のように腎臓を売れとは言いませんが、何をやっても払えとの一点張りで、全く、血も涙も無いと言う印象でした。

担当の徴収官は多分、選抜されたエリートなのでしょう。感情を表す事なく、こちらの言い分など聞く耳持たぬとばかりに、ひたすら恫喝します。

何が何でも、犯罪を犯してでも、税金を払えとばかりに迫ります。追い込まれて「この様な計画で支払うよう努力します」と言うと次回「この様に払うと言った」と責められます。一切余計な事、希望的観測は言ってはいけません。

TVでよく見る大物タレントや、政治家に会ったのには驚きました。

TVで笑いを振り撒く笑顔の影に税金で苦しむ姿があったのです。若い徴収官にぺこぺこ頭を下げていました。そのタレントに好感を持っていたので、自分の事を忘れて気の毒を通りこして、徴収官の言葉遣いに怒りをおぼえましたが、なんとも出来ません。背の低い、つい立一枚で仕切られているだけですので、隣の遣り取りもよく聞こえます。

広い面談場所にこれ以上押し込めない位、面談机がおかれているので、カニのように横になって入り、席につきます。

ある時、中年の女性が、声を上げて泣き始めたのです。流れる涙を拭こうともせず泣いていました。自宅を競売にかけられる様子でした。長年住み慣れた自宅を競売にかけられるのでしょう。どんな事情があるのかは判りませんが、自分の息子位の徴収官に怒鳴られているのです。周りが皆、注目するのには、鬼の徴収官もさすがに困った様子で、「今日のところは帰って良い」と偉そうに言っていました。
「あたりまえだ。馬鹿!」と心で叫びました。

私も、困った時には泣いてやろうかと思ったのですが、演技力不足で、泣くタイミングが掴めない。もっとも、中年のおっちゃんが泣いても、鬼達は何とも思わないに違い有りません。

兎も角、サラ金の取り立てより、国家権力を背景にしているだけに恐ろしいのです。世間一般には話し合いで、妥協して、物事を決めていきますが、取立てのプロの徴収官に妥協と言う言葉はないようでした。

「家族が病気で治療に多額の金がかかるので、支払いを待って欲しい」と言っても、医療控除のやり方を教えてくれるだけで、全く効果が有りません。

約2年間、悪戦苦闘、もだえ苦しんで支払いを完了させました。

現金なもので、払い終わった後は「鬼の徴収官がいないと国の財政も維持できないだろうな」とものわかりが良くなりました。徴収官も好き好んで冷酷な取り立てをしている訳ではないのでしょうが、彼等の言う公平に徴税する責任感が、多くの人を地獄に落としている事も理解してもらいたいものです。

最近、今まで最強と言われた国税庁徴収官より過激な集団が出てきたそうです。

石原慎太郎率いる都税徴収官がそれで、極めて強力な徴収をしていると聞きます。給料の差押さえ、生命保険の差押さえ、自宅の差押さえなど、あらゆる手段を簡単に取りますので、滞納者は覚悟しなければなりません。
甘くはありません。

節税をしっかりやって、なるべく徴収官と御付き合いしないで良いように努めたいものです。

逮捕される事はないのでしょうが、税金は本当に怖い。収入があったら、税金はどうなるか、いつも考えなければなりません。

それにつけても、談合、汚職、組織ぐるみの不正など、血の出るような思いをして国民が支払う税金が、無駄に消えて行く現状は本当に許し難い。
  

[total : 719]
( 15 / 24 )

番号

タイトル

掲示日

299 2009年6月第2週 「松下幸之助の饅\頭屋」 09-06-08
298 2009年6月第1週 「韓国人の親切」 09-06-01
297 2009年5月第4週 「台湾の事」 09-05-25
296 2009年5月第3週 「松下幸之助氏の不況克服の心得十\カ条」 09-05-18
295 2009年5月第2週 「生産の回復と日本人技術者」 09-05-11
294 2009年5月第1週 「景気改善の気配」 09-05-05
293 2009年4月第4週 「Welcome 新日本人」 09-04-27
292 2009年4月第3週 「フランス人」 09-04-20
291 2009年4月第2週 「丹頂鶴」 09-04-13
290 2009年4月第1週 「韓国側から見たWBC 2」 09-04-06
289 2009年3月第5週 「韓国側から見たWBC」 09-03-30
288 2009年3月第4週 「LED電球と無線式監視カメラ」 09-03-23
287 2009年3月第3週 「不労所得」 09-03-16
286 2009年3月第2週 「夢の資源大国」 09-03-09
285 2009年3月第1週 「若干明るさが見える経済2」 09-03-02
284 2009年2月第4週 「若干明るさが見える経済」 09-02-23
283 2009年2月第3週 「香港と深セン」 09-02-16
282 2009年2月第2週 「日本一安いメモリー」 09-02-09
281 2009年2月第1週 「不況の本番」 09-02-02
280 2009年1月第4週 「ブラジル」 09-01-26
279 2009年1月第3週 「安い食べ物」 09-01-19
278 2009年1月第2週 「へぎそば」 09-01-13
277 2009年1月第1週 「新年 明けましておめでとうございます」 09-01-06
276 2008年12月第5週 「景気の底」 08-12-29
275 2008年12月第4週 「最近の韓国」 08-12-22
274 2008年12月第3週 「商人に与う」 08-12-15
273 2008年12月第2週 「100年に1度の危機 とまらない価格の下落」 08-12-08
272 2008年12月第1週 「携帯電話リサイクル」 「都市鉱山」 08-12-01
271 2008年11月第4週 「株式投資」 08-11-26
270 2008年11月第3週 「景気2」 08-11-17

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp