ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2005年 11月 第3週 「日本人の起源の伝説」

東南アジア、中国には日本に関する伝説があります。
最も有名なのは、2200年ほど前の始皇帝に仕えた徐福の伝説でしょう。

不老不死を望んだ始皇帝はその霊薬を探させる為に、東西南北各地に人を遣わせた。東の海上に浮かぶ蓬莱山に出かけたのが徐福と言う。

3000人の子供達を連れて、東方の海に乗り出し、目的の蓬莱山にたどり着いたと言う。その蓬莱山こそ日本であった。

しかし、探しても、探しても、不老不死の霊薬は見つからない。手ぶらで帰って処刑されるのを恐れた徐福は、彼の地に留まり、日本人の祖先となったと言う。

この話は、司馬遷の史記にも出てきており、中国にも、日本にも、この他、多くの伝説が各地にあって徐福を実在の人物と信ずる人も多い。

俗話としては、元々、霊薬など探す気の無かった稀代の詐欺師の徐福は、言葉巧みに始皇帝に取り入り、多くの奴隷と巨額な財宝をせしめて、大きな船に乗せ、日本に逃れたと言う。

それが日本人の祖先になった。性悪の詐欺師が日本人の先祖なので、日本人は元来、性格が悪いのだと言う。
香港の仲の良い友人が、よく、酒のさかなに面白がって話します。

鑑真はじめ多くの中国人が命をかけて来日し、日本の文明化に貢献した真実の歴史の他に、長い日中の間にはいろいろな伝承があるのです。

韓国では新羅との戦に敗れた任那の王族が日本に移り、日本を征服して、大和朝廷を立てたと言う説が信じられています。

確かに、縄文時代の日本に、先進国であった朝鮮の王族が大挙して来れば、ふんどしに槍を持った程度の日本の土人を征服するの、もさして困難ではなかったかもしれない。となると、大和朝廷を源とする天皇家の先祖が任那の王族と
言うことになり、いささか具合が悪い。

あくまでも伝説として伝承されているもので、検証はされていない事は当然であります。

台湾の現住民には次のような伝説がある。
地域の人口が過多になり、食料が不足すると、住民の全員が部落毎に二手に分かれて、山に登り、お互い思い切り大声を上げて叫び合う。

声の大きい部族が、台湾を出て、黒潮に乗って日本にたどり着き、日本人となったと言う。 この話は数の多い、声の大きい活力の旺盛な方が出て行くと言う優しい思いやりの心に溢れており、出来れば信じたいものであります。

フイリピン人からは浦島太郎のような話を聞きました。
フィリピンの漁師がサメに襲われて傷ついた大きな海がめを助け、手当てをして海に返してやりました。

暫くして美しい娘が亀の背中に乗って、その漁師を訪ねて来て、北にある豊かな土地に連れて行きました。

歓待を受け金銀財宝の御土産を貰った漁師は、貧しい村に帰りました。村人達に北の豊かな土地の事を話すと、村人全員が行くことになりました。村中の船に乗り込み北に向かい、豊かな土地に日本と言う国を創りました。

これが日本人の先祖なのだと言う。 この話も情感豊かで楽しい伝説です。

逆に、アメリカ インデアンの中には、自分達の先祖は船に乗って日本から来たと信じている部族もあるようです。

アフリカで生まれた人類が150万年かかってジャワ原人を経て北京原人に至った。北京原人はナウマン象、鹿、馬、羊を追ってアジア東部全体に拡がりました。

2万年前の氷河期の最盛期には海面が現在より150mも低下していたので、サハリン、北海道、本州、朝鮮半島、台湾、フイリピンは陸続きになっていました。黒潮の影響で比較的暖かかった日本は、シベリアの氷期に追われた古代動物の楽園でした。

マンモスが北海道まで南下し、その南はナウマン象の群れが闊歩していた。
それらの動物を追って、北京原人や、古モンゴロイドが日本に至り、原日本人となったであろう事は、容易に想像できます。

しかし、その後、北から、南から、そして西から様々な人達が移住してこの日本が形成され、現在の私たちがいると言うのが真相のようです。
  

[total : 730]
( 15 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

310 2009年8月第4週 「歴史上の人物の推定 身長」 09-08-24
309 2009年8月第3週 「身長」 09-08-17
308 2009年8月第2週 「LED ライト」 09-08-10
307 2009年8月第1週 「衆議院選挙」 09-08-03
306 2009年7月第4週 「コンビニ弁当6億食が毎年捨てられる!!」 09-07-27
305 2009年7月第3週 「日本の評判」 09-07-21
304 2009年7月第2週 「アメリカ経済の現状」 09-07-13
303 2009年7月第1週 「イランの暴\動2」 09-07-06
302 2009年6月第5週 「イランの暴\動」 09-06-29
301 2009年6月第4週 「裸眼3D 立体デジタルサイネージ(液晶デスプレイ広告)」 09-06-22
300 2009年6月第3週 「世界の貧困層」 09-06-15
299 2009年6月第2週 「松下幸之助の饅\頭屋」 09-06-08
298 2009年6月第1週 「韓国人の親切」 09-06-01
297 2009年5月第4週 「台湾の事」 09-05-25
296 2009年5月第3週 「松下幸之助氏の不況克服の心得十\カ条」 09-05-18
295 2009年5月第2週 「生産の回復と日本人技術者」 09-05-11
294 2009年5月第1週 「景気改善の気配」 09-05-05
293 2009年4月第4週 「Welcome 新日本人」 09-04-27
292 2009年4月第3週 「フランス人」 09-04-20
291 2009年4月第2週 「丹頂鶴」 09-04-13
290 2009年4月第1週 「韓国側から見たWBC 2」 09-04-06
289 2009年3月第5週 「韓国側から見たWBC」 09-03-30
288 2009年3月第4週 「LED電球と無線式監視カメラ」 09-03-23
287 2009年3月第3週 「不労所得」 09-03-16
286 2009年3月第2週 「夢の資源大国」 09-03-09
285 2009年3月第1週 「若干明るさが見える経済2」 09-03-02
284 2009年2月第4週 「若干明るさが見える経済」 09-02-23
283 2009年2月第3週 「香港と深セン」 09-02-16
282 2009年2月第2週 「日本一安いメモリー」 09-02-09
281 2009年2月第1週 「不況の本番」 09-02-02

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp