ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2004年 11月 第3週 「ドル安、円高」

11月第3週
「ドル安、円高」 ハイテク業界において、輸入パソコンの比率は果てしなく上昇し、最早、日本だけでパソコンを作り続けるメーカーは無くなりました。
台湾メーカーが作る中国製がほとんどです。

パソコンだけでなく、多くの電気、電子製品はじめ化学品、衣類、雑貨などが中国をはじめとしたアジアで生産され、食料は世界中から、ドル建ての価格で輸入されています。

ドルの交換レートによって、儲けが多くなったり、損をしたりしています。ドルが世界貿易の基軸通貨なのです。
でも、世界中が頼りにするドルはそれほど信頼できるのでしょうか?
世界で唯一のスーパーパワー、世界全体の軍事予算の40%を使っている超軍事大国のアメリカは、反面、世界最大の赤字大国、借金大国、浪費大国なのです。軍事力でアメリカに正面きって対抗できる国はありません。腕力でこれほど頼りになる親分はいません。

しかし、
年間の財政赤字 5200億ドル
貿易赤字 4900億ドル
借金の総額 5兆ドル

これはもう、めちゃくちゃの借金漬けの自己破産寸前の親分なのです。これだけの貧乏人がなぜ、やっていけるのでしょうか。
世界中の国がアメリカにどんどんお金を貸すので、やっていけるのです。

更に、アメリカはドルと言う世界の基軸通貨を持っています。借金が手に負えないほど大きくなると、ドルを切り下げて、借金を踏み倒してきました。

円は360円から現在105円まで切り上げ、アメリカは、借金を70%踏み倒してきたのです。しかし、日本は懲りもせず、貿易黒字で稼いだ外貨をドルで運用しています。

日本の外貨準備高は6330億ドル(67兆円)このほとんどが、ドルなのです。日本はアメリカに輸出して稼いだドルをアメリカ国債に投資をして運用し、アメリカの借金を積極的に助けているのです。

日本、台湾、中国などが、アメリカ国債を買わなくなったら、アメリカは借金が出来なくなり、経済が破綻してしまいます。イラクとの戦争もできません。
そうなると、アメリカへの輸出が出来なくなるため、日本、台湾、中国だけでなく世界中が困ります。更に、ドルの暴落は資産の大幅な価値の下落をもたらし、債権国は大損します。

アメリカの株や債権は日本より高いので、アメリカに投資する方が今のところ有利なのですが、ドルが暴落すれば、金利など吹っ飛ぶほどの損が出ます。

借金をする方が強いので、日本などの貸し手はアメリカの言いなりになっています。借り手が勝手にドルを切り下げて借金を踏み倒しても文句言えません。
一生懸命働き、金を貯め、貸した金で損をしているのに、借り手は貯金をまったくせず(アメリカの貯蓄率ゼロ)入った金を全部使って暮らしています。
どう考えてもおかしい。

この様な、不条理な傾向が年ごとに加速しています。とてもこのまま、奇妙なバランスが続くとはとても考えられません。
いつか必ず、破綻するのではないでしょうか?そうなったら、予想を超える混乱が起きる可能性があります。ドルの実力値は80円とも言われています。

そこまで、急激に行かなくとも、100円割れは近いと考えて対応する事が必要と考えます。輸入ビジネスを増やし、円高のメリットを積極的に生かす事が私達の生活を守る為、必要です。

長期的には日本の国力は人口の減少により落ちてくると考えられるのですが、その前に、ドル暴落の荒波が世界を覆う事になりそうです。それも、大きなチャンスと捉えしっかり儲けましょう。

ひょっとすると、アメリカは北朝鮮よりやっかいな厄病神かもしれません。世界経済を破壊するほどの力があります。
アメリカを正気に戻して、正道を歩ませないと、世界中が迷惑を被る事になりそうです。
誰か、ブシュさんに言ってくれませんか?
  

[total : 723]
( 16 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

273 2008年12月第2週 「100年に1度の危機 とまらない価格の下落」 08-12-08
272 2008年12月第1週 「携帯電話リサイクル」 「都市鉱山」 08-12-01
271 2008年11月第4週 「株式投資」 08-11-26
270 2008年11月第3週 「景気2」 08-11-17
269 2008年11月第2週 「景気」 08-11-10
268 2008年11月第1週 「ドバイ3」 08-11-04
267 2008年10月第4週 「ドバイ GITEX Show」 08-10-27
266 2008年10月第3週 「ドバイのショー」 08-10-21
265 2008年10月第2週 「訳あり 激安 パソ\コン」 08-10-12
264 2008年10月第1週 「パチンコ」 08-10-07
263 2008年9月第5週 「パチンコ、パチスロ市場」 08-09-29
262 2008年9月第4週 「日本の家庭の金融資産1599兆円」 08-09-22
261 2008年9月第3週 「予\科練出身の韓国人」 08-09-16
260 2008年9月第2週 「最近の深セン東莞」 08-09-08
259 2008年9月第1週 「不景気」 08-09-01
258 2008年8月第4週 「北京 オリンピック」 08-08-25
257 2008年8月第3週 「フレー、フレー ニッポン!」 08-08-18
256 2008年8月第2週 「竹島問題」 08-08-11
255 2008年8月第1週 「政治の力、金が無くても出来る事」 08-08-04
254 2008年7月第5週 「やせる為の食事の時間」 08-07-28
253 2008年7月第4週 「狐とたぬき」 08-07-22
252 2008年7月第3週 「深刻なアメリカ経済」 08-07-14
251 2008年7月第2週 「ユダヤと日本 U」 08-07-07
250 2008年6月第5週 「医療保険」 08-06-30
249 2008年6月第4週 「ビジネス構\築十\ヶ条」 08-06-23
248 2008年6月第3週 「秋葉原通り魔と未婚率」 08-06-16
247 2008年6月第2週 「タバコが1箱1000円、チューインガム1000円」 08-06-09
246 2008年6月第1週 「日本とユダヤ人」 08-06-02
245 2008年5月第4週 「アメリカのガソ\リン価格」 08-05-26
244 2008年5月第3週 「ユダヤ人」 08-05-20

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp