ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2005年 3月 第3週 「中国の台湾人」

先週末の休日を利用して広東省深圳市と東莞市に行きました。

注文した商品の製造工場に行って品質をチエックするのが主な目的でした。

行ったのは台湾系の印刷会社と、家具など木工製品を作っている工場でした。

広東省には50万人ほどの台湾人ビジネスマンとその家族が住んでいるそうです。特に深セン市と東莞市には多く、台湾人子弟の小学校、中学校もあります。

中国全体では100万人から150万人の台湾人が住んでいるそうです。人口2000万人の台湾で5%から7,5%の人が中国に住んでいるのです。

中国の台湾人は、中国政府にとっては自国民であり、保護すべき対象なのですが、お金を持っているが故に、随分と理不尽な目にも遭っているようです。

台湾人は香港人に負けないビジネスマインドに溢れた人々ですが、私の感じる
ところ、一般的に性格が香港や中国の人に比べて優しい様に感じます。

多分、中国の官僚、役人の良いカモになっているのではと思います。

訪問した取引先の台湾人経営者は、「進出した時は熱烈歓迎で、その後は、税関、警察、市役所の役人が入れ替わりやって来て、いろいろけちをつけ、税金、罰金、協力金の名目でお金を取られた。車も3台、ベンツ1台、とトヨタ2台を寄付させられた。」

「5年で倍になると言われ、特別に安い価格で土地を市から分けてもらったが
実はその土地は転売できない土地であった。10分の1だったら買戻すと言われて、泣く泣く市の役人に売った。」

問題が起こると中国国民として、厳しく処罰されますが、台湾政府は全く無力で、何もしてくれない。いや、出来ない。

対策として取る方法は、アメリカに会社を創り、その子会社として中国に進出するやり方で、アメリカ法人としてアメリカ政府の保護を受ける。

この様な場合でも、日本に会社を創り、日本法人として中国に出ると言う話は聞かない。
日本が軽く見られていると言うより、アメリカが中国の最大の貿易相手国であり、巨額の利益を上げさせてもらっていると言う事情と、何と言っても、最強の軍事力を背景にした、世界で唯一つの、スーパーパワーであることがその原因であります。

更に、アメリカの毅然とした人権擁護の姿勢と日本政府の対応に大きな差がある事は台湾の人も良く知っているからでしょう。

中国の警察が容疑者に暴力を振るう事は、よく知られていますが、台湾人にも容赦はないそうです。最終的には逮捕すると脅され屈服せざる得ないとのことでした。

この様な厳しい環境の中で、多くの台湾企業が立派な成果を上げています。最初に行った印刷会社では、日本やアメリカの有名企業のカタログ、包装資材、会社案内などが大量に積み上げられ、その品質の良さを証明していた。

スタジオを持って、写真撮影から、デザインまでやっていると言う。ここまでやられては日本でやる事は無くなる。

次に行った木工工場は驚くほどの品質の小物家具を作っていました。

80歳になると言う社長のお母さんは女学校まで日本語教育だったそうで、完璧な日本語で接待し、商品説明をしていただきました。

「日本の職人魂」で作っていると強調されましたが、日本の昔の良さを、堅く信じている方に「今の日本に職人魂はほとんどありませんよ」とはどうしても言えませんでした。

「商売は信用第一ですから」と言われるお母さんの言葉は、重みをもって伝わって来ました。

中国製と言うと、「安かろう悪かろう」とのイメージがありますが、今では、多くの才能溢れた企業経営者が、確実に日本に劣らない、価格を考えると、勝っているものを沢山作っています。

当社で扱っているELは、広東省で作っていますが、コストが日本製と比べ10分の1位と安く、強い競争力を持っています。

紙の様に薄く、自由に紙の様に曲がり、軽いので、両面テープで貼れ、工事もいらずに、ネオンサインが簡単に出来ます。ガラス窓、壁、丸い柱など貼り付ける場所を選びません。防水処理をすれば、屋外でも使えます。大きさも、10cm四方のものから、3mX3mの大型のものまで作れます。安価で、消費電力も極めて少ない優れものです。

「安くて、早くて、旨い」ものが中国で続々作られています。日本も安閑とはしていられない。
  

[total : 734]
( 16 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

284 2009年2月第4週 「若干明るさが見える経済」 09-02-23
283 2009年2月第3週 「香港と深セン」 09-02-16
282 2009年2月第2週 「日本一安いメモリー」 09-02-09
281 2009年2月第1週 「不況の本番」 09-02-02
280 2009年1月第4週 「ブラジル」 09-01-26
279 2009年1月第3週 「安い食べ物」 09-01-19
278 2009年1月第2週 「へぎそば」 09-01-13
277 2009年1月第1週 「新年 明けましておめでとうございます」 09-01-06
276 2008年12月第5週 「景気の底」 08-12-29
275 2008年12月第4週 「最近の韓国」 08-12-22
274 2008年12月第3週 「商人に与う」 08-12-15
273 2008年12月第2週 「100年に1度の危機 とまらない価格の下落」 08-12-08
272 2008年12月第1週 「携帯電話リサイクル」 「都市鉱山」 08-12-01
271 2008年11月第4週 「株式投資」 08-11-26
270 2008年11月第3週 「景気2」 08-11-17
269 2008年11月第2週 「景気」 08-11-10
268 2008年11月第1週 「ドバイ3」 08-11-04
267 2008年10月第4週 「ドバイ GITEX Show」 08-10-27
266 2008年10月第3週 「ドバイのショー」 08-10-21
265 2008年10月第2週 「訳あり 激安 パソ\コン」 08-10-12
264 2008年10月第1週 「パチンコ」 08-10-07
263 2008年9月第5週 「パチンコ、パチスロ市場」 08-09-29
262 2008年9月第4週 「日本の家庭の金融資産1599兆円」 08-09-22
261 2008年9月第3週 「予\科練出身の韓国人」 08-09-16
260 2008年9月第2週 「最近の深セン東莞」 08-09-08
259 2008年9月第1週 「不景気」 08-09-01
258 2008年8月第4週 「北京 オリンピック」 08-08-25
257 2008年8月第3週 「フレー、フレー ニッポン!」 08-08-18
256 2008年8月第2週 「竹島問題」 08-08-11
255 2008年8月第1週 「政治の力、金が無くても出来る事」 08-08-04

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp