ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2004年 4月 第4週 「致命的失敗の遠因」

全く、会社経営の知識もアドバイスしてくれる人も無く、闇くもに会社を創りました。

頼りは、前職の同僚であった小池君(現、株式会社ハイレル常務)が勤めていた会社からの半導体の供給と、彼から教えてもらう知識だけでした。彼は、1年後に結婚する為に貯めていたなけなしの100万円を貸してくれました。

商材も、知識も、お金も彼に頼って創業したようなもので、その当時は、「友達だから当然助けるべきだ」と誠に恩知らずの不遜な態度で終始していたように思います。彼が「東芝系の半導体商社が潰れた。在庫を全部買おう」と言ってきました。総額3000万位の簿値と言う。

資本金も含めて、350万円しかありませんでしたので「買える訳が無いだろう」と言うと「任せろ」と言う。2,3日後、「350万で話をつけてきた」と意気揚々と来ました。

「350万しかないのに、全部使ったらどうするんだ」「すぐ売れる」と言う。納得して見た事も無いような量の半導体を、事務所、自宅に積み上げました。

懐に空っ風が吹いていましたが、なんとかなりました。大家さんは、「小池さんに騙されたんじゃないの」と同情して家賃を待ってくれました。

東芝の代理店であった丸栄商事(現アムスク)の創業社長には支払いの代わりに在庫の半導体を無理やり買ってもらって勘弁してもらいました。さらに、在庫を持って行って、無理無理、現金で買ってもらって助けてもらいました。

直ぐは売れなかったのですが、3,4ヶ月位たった頃トランシーバーの激烈なブームがアメリカでおきました。

それに伴い、半導体の猛烈な品不足が発生し、3ヶ月くらいで、その在庫のほとんどを売り切り、何と、4000万円以上の金を手にしました。大家さんに遅れた家賃を持って行って、事情を話すと「小池さんはすごい人だねえ」と褒めてくれました。

流石に生意気な私も、脱帽でした。その後、これで調子に乗って、出物を買い漁りました。でも、トランシーバーのブームは1年くらいで儚く消え、絶対売れると思った出物が売れない状態が続きました。買っても買っても、売れない。

在庫が山ほど残り、自分の愚かさを痛感しました。しかし、半導体自体が勃興期で、極めて若い業界であった為、次に、トランシーバーのブームの何十倍かの規模のブームが起きたのです。

中西社長率いるタイトーがインベーダーゲーム機を世に出しました。これは社会を変えるブームとなりました。

革命的な衝撃でした。それまでフエアチャイルド、ナショナルセミコンダクターなど、アメリカの後塵を拝していた日本の半導体産業が、アメリカを凌駕する基礎を、大量の半導体をゲーム業界に販売する事によって、構築していったのです。

これでまたまた、在庫が一掃され大きな利益を得ました。
その後もいくつかの、買取による大きな成功がありました。多くのブームもありました。

しかし、これらの安易な数々の在庫販売の成功体験が、在庫過多による、23年後の致命的な失敗の伏線になっていきました。まさに「成功は失敗の元」だったのです。

23年間も何百回もやれば、最後の失敗は途方も無く大きくなるのです。旺盛な成長期の時は、多少の失敗は充分にこなして、成長を持続できるのですが、1000億円を超える年商になっての失敗は取り返しが効きませんでした。

企業の成長に従い、過去の成功体験を捨て去り、新しい創造を創り続ける事が必要であると今に至り痛感している次第です。
  

[total : 722]
( 17 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

242 2008年5月第1週 「液晶デスプレイのドット抜け」 08-05-07
241 2008年4月第5週 「中国 国費 留学生」 08-04-28
240 2008年4月第4週 「築地魚市場 人気の観光スポット」 08-04-21
239 2008年4月第3週 「立体カメラ」 08-04-14
238 2008年4月第2週 「 3D立体映像の商業化」 08-04-07
237 2008年4月第1週 「 税金の無駄遣い」 08-03-31
236 2008年3月第4週 「 だめな日本って本当?」 08-03-25
235 2008年3月第3週 「立体テレビへの道」 08-03-19
234 2008年3月第2週 「世界最大の電子街 深圳市 “華強北路”への出店」 08-03-11
233 2008年3月第1週 「イラン人と日本の温泉」 08-03-03
232 2008年2月第4週 「日本のワイロU」 08-02-27
231 2008年2月第3週 「日本のワイロ」 08-02-18
230 2008年2月第2週 「男のパンツ」 08-02-12
229 2008年2月第1週 「世界の66億人の平均年齢は何歳でしょう」 08-02-04
228 2008年1月第5週 「伝統工芸品」 08-01-29
227 2008年1月第4週 「日本の景気の後退」 08-01-21
226 2008年1月第3週 「究極の薬膳料理 カレー」 08-01-16
225 2008年1月第2週 「ロシアの日本車」 08-01-07
224 2008年1月第1週 「新年あけましておめでとうございます」 08-01-02
223 2007年12月第4週 「お医者さんの窮状」 07-12-25
222 2007年12月第3週 「エスカレーター、エレベーターのスピード」 07-12-17
221 2007年12月第2週 「基軸通貨ドルの終りの始まり」 07-12-10
220 2007年12月第1週 「日本の建設業界の苦しみ」 07-12-03
219 2007年11月第4週 「中国の株」 07-11-26
218 2007年11月第3週 「バンコック」 07-11-19
217 2007年11月第2週 「東京―\青森往復1500Kmパート2」 07-11-12
216 2007年11月第1週 「東京―\青森往復1500Km」 07-11-05
215 2007年10月第5週 「深刻なサブプライムローン(低所得者向けローン)問題」 07-10-29
214 2007年10月第4週 「ダーウィンの言葉」 07-10-22
213 2007年10月第3週 「ドライブ レコーダー」 07-10-15

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp