ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2004年 5月 第1週 「資金繰りの失敗」「アイディアボックス11」

資金繰りの失敗

どのような企業においても、仕事が順調で、売上が急拡大すればするほど、当然資金需要が増大します。

支払いより、回収が早いなどと言う事業はほとんどなく、通常は商品を仕入れてから、売りを立て、月に一回、その月の売上げを締めて合計請求書を出し、翌月末になって初めて現金を回収すると言うのが普通でしょう。

時には、支払いを手形でするなどと言う企業も多く、私も手形の知識が無い時は、初めて見る手形を前に、途方に暮れたものでした。

銀行で手数料と金利を取って現金にしてくれる(手形割引)と聞いて、普通預金口座のある近くの信用金庫に出かけて行きましたが、「まず、当座を開いて、実績を積んでからでないと、手形割引は出来ません。手形割引も融資の一種ですから」と言われ「そんなものか」とすごすご、帰って来ました。

創業当初は、金融機関に話しても、ほとんど、取り合ってもらえず、融資は当然で、当座を開く事も1年以上してくれません。

仕入先にその手形を持って行っても、発行先会社の与信がないからと受けてもらえない。発行会社の与信状況によって、その価値が天地ほど違うことも知りました。その内、貰った手形が2本連続して不渡りになりました。

与信を充分に見極めず、勢いに乗ってガンガン営業した結果でした。この失敗はなかなか身に付かず、その後何回か不渡りを喰いました。

中小企業に対するいろいろな支援が充実してきた昨今でも、金融機関の中小企業に対する対応は変っていません。銀行が自業自得で不良債権に悩まされている昨今、むしろ酷くなっていると考えたほうが良いでしょう。

政府がなんと言おうと銀行にとって中小企業は、不良債権の発生の元凶くらいにしか考えられていないのが現実で、企業を育成、成長させようと言う気持ちは、融資が保障された後でないと、絶対に出てこない発想なのです。

銀行は取引をするにあたり、経営者の個人保証を要求します。悪名高い、「根保証」と言うもので、取引を継続するかぎり永久についてまわり、万一の場合は、サラ金と同じで、経営者を身ぐるみ剥ぎ取ることが出来る様になっています。

可能なかぎりこれには応ずるべきでないのですが、まず、99%これを拒否して銀行取引のできる中小企業はないでしょう。

私も実情を理解しないまま、全ての銀行に個人保証を入れました。それが20年後に、200億円を超える個人債務を負う事になったのです。

銀行は、調子の良い時はサンタクロースのような顔をしていますが、苦境に陥ると狼のように、襲ってきます。

金を貸すと言う事はそう言う事ですので、銀行に妥協せず、きちんとした取引をする事が必要です。

最近では当座を開くのも嫌がる銀行が多く、この面でも、中小企業は荒野に放り出された孤独な存在でしかありません。基本的に、自助努力でしか、荒野を切り開けないのです。

最初から手形、小切手を使わないと決めるのも、中小企業にとって、大変良い方法かもしれません。誰も助けてくれないと覚悟して事業を構築して行く事こそ、ベンチュアーに与えられた使命です。

ベンチュアーキャピタル等にも自ら積極的にアタックすべきです。日本のベンチュアーキャピタルは横並び意識が強く、1社出すと、次々に出資する事が多いのです。

何事につけ、政府やまわりの助けをあてにするようでは、ベンチュアーだけでなく、事業をやる資格はありません。

いかなる困難も乗り越えて新境地を切り開く強靭な精神力が求められます。このような個人の力が社会の力に、ひいては国の力になるのです。金融機関がほとんど頼りにならないとすると、どうするか。

ケンタッキーフライドチキンの創業者カーネル、サンダース(ケンタッキーの店の前に立っている眼鏡のおじさん)は破産した後、65歳の時、1500回プレゼンをしてやっと投資家をみつけ、店を開く事ができたそうです。

1500回は大袈裟と思いますが、自信のある仕事であれば、10回や20回のプレゼンで意欲をなくしてはいけないと言うことでしょう。

人間、簡単に諦めてはいけないと言う事です。企業においては、頭の良さより、粘り強く、物事に取り組む精神力の方が、利益に繋がる事が多い。

最近の人は苦労していないせいか、打たれ弱い人が多く、簡単に諦めてしまう。もっとも、それで生きていける幸せな世の中ですので、それはそれで、よいのかもしれません。

私の場合たまたま、半導体販売と言う金鉱に遭遇し、極めて小規模から、起業する事が出来ましたので、スポンサー無しで成長することが可能でした。

前回述べた、小池さんがスポンサー兼、アドバイザーでした。

キャッシュフローも、だれもやっていなかった半導体専門の通信販売で取り合えず、解決しました。大学や、企業の研究所から、現金書留で注文が来ました。其の金を持って仕入をして、商品を送りました。

小売店を出し、現金の回収を早くしました。

出物販売で「値段を安くするから代金引換にして」と頼んで、仕入れて支払の期日前に、現金を手にしました。いろいろ知恵を絞って資金繰りをしていきました。

申し上げたいのは一つのコアビジネスを構築する事がもっとも大事で、100の失敗も、コアビジネスがしっかりしていれば、解決出来ると言うことです。

世の中で存在する価値のある仕事をまず、小規模でも創りあげてください。それを、自分のコントロール出来る範囲で、きちんと育て上げてください。

毎日知らない事がいろいろ出てきますから、失敗は付き物と割り切り粘り強く、乗り越えてください。

時間が経つにつれ、コアビジネスも崩壊していきます。
それに、対応する力を身につけなければなりません。

アイデアボックス 11

出張するのに、PCを持って行くのは、重たくて億劫だと言う方に、USBタイプの外付けHDDを御奨めします。2,5インチモデルなら、小型で薄くて軽く、ポケットにも入ります。
3,5インチはちょっと大きくなりますが、それでも持ち運びは簡単です。持参したHDDを訪問先にあるPCに繋げば、自分のPCと同じように使えます。
さらに中古のHDDを使えば本当に安い。これなら、PCが得意でないおじさんでも買ってもおしくないでしょう。大事なデーターの保存用としても優れた役割を果たします。
  

[total : 735]
( 17 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

255 2008年8月第1週 「政治の力、金が無くても出来る事」 08-08-04
254 2008年7月第5週 「やせる為の食事の時間」 08-07-28
253 2008年7月第4週 「狐とたぬき」 08-07-22
252 2008年7月第3週 「深刻なアメリカ経済」 08-07-14
251 2008年7月第2週 「ユダヤと日本 U」 08-07-07
250 2008年6月第5週 「医療保険」 08-06-30
249 2008年6月第4週 「ビジネス構\築十\ヶ条」 08-06-23
248 2008年6月第3週 「秋葉原通り魔と未婚率」 08-06-16
247 2008年6月第2週 「タバコが1箱1000円、チューインガム1000円」 08-06-09
246 2008年6月第1週 「日本とユダヤ人」 08-06-02
245 2008年5月第4週 「アメリカのガソ\リン価格」 08-05-26
244 2008年5月第3週 「ユダヤ人」 08-05-20
243 2008年5月第2週 「世界最大の3D立体ディスプレイ」 08-05-14
242 2008年5月第1週 「液晶デスプレイのドット抜け」 08-05-07
241 2008年4月第5週 「中国 国費 留学生」 08-04-28
240 2008年4月第4週 「築地魚市場 人気の観光スポット」 08-04-21
239 2008年4月第3週 「立体カメラ」 08-04-14
238 2008年4月第2週 「 3D立体映像の商業化」 08-04-07
237 2008年4月第1週 「 税金の無駄遣い」 08-03-31
236 2008年3月第4週 「 だめな日本って本当?」 08-03-25
235 2008年3月第3週 「立体テレビへの道」 08-03-19
234 2008年3月第2週 「世界最大の電子街 深圳市 “華強北路”への出店」 08-03-11
233 2008年3月第1週 「イラン人と日本の温泉」 08-03-03
232 2008年2月第4週 「日本のワイロU」 08-02-27
231 2008年2月第3週 「日本のワイロ」 08-02-18
230 2008年2月第2週 「男のパンツ」 08-02-12
229 2008年2月第1週 「世界の66億人の平均年齢は何歳でしょう」 08-02-04
228 2008年1月第5週 「伝統工芸品」 08-01-29
227 2008年1月第4週 「日本の景気の後退」 08-01-21
226 2008年1月第3週 「究極の薬膳料理 カレー」 08-01-16

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp