ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2004年 6月 第3週 「コンピューテックス台北」

今年のコンピューテックス台北は台湾の輸出入が過去最高となるなど、台湾経済の好調を受けて、例年以上に多くの来客を集め華やかに開催されました。

年毎に規模は拡大し、今年は世界中からの出店も増え、規模も拡大し、正に、世界最大規模のコンピューターショーとして世界的にその存在感を増している。

ショーの特色は、中小企業が主役と言うことで、いろいろなアイデアを商品化し、様々な製品を提案している。売れるか売れないか解らないが「ヘェー、こんなものがあるの」と感心させられるものが数多くある。

日本で私たちが考え製品化しようと思ったものが既に存在し展示され、思いもかけぬ低価格が付いていたりする事は日常茶飯事です。

新製品を創ろうとする時は必ず台湾、中国、香港で作られていないかどうか調べる必要があります。

よしんば、作っていなくても、日本で作ったほうが良いか、中国、台湾で作ったほうが良いか良く考えるべきです。

ヨーローッパの統一が力強く進んでいるのを見ても容易に理解出来るように、中国、香港、台湾、日本、韓国は最早、経済的には一つの世界最大の経済共同体と考えるべきです。

その様な、広い視野で考えないと、経済活動においては取り残されてしまうでしょう、今までの成功体験によって、日本が特別優れていると考える根拠は何もありません。

たしかに、まだ、日本しか作れないものが、多く存在しますが、それは年毎に、確実に減少しています。今まで日本の独断場であった半導体、液晶、プラズマなどの分野において、世界一の座を台湾、韓国、中国に奪われています。

日本は今までの経験と技術を継承して、さらに磨きをかけ、アジアに貢献すると同時に大きな利益を上げる事ができます。アジアの若い世代には実に有能な人が多い。

英語にも堪能で、日本語まで勉強する人も少なくない。主として、アメリカ、イギリスで教育を受けているので、英語が堪能なのは、言わば当然で、更に、熱心に日本の強さを学ぼうとしている。

過去の遺産で喰っている様な現在の日本の状態では、世界第二位の経済力といつまでも威張っていられない。

ショーの会場で特に、強い印象を受けたのは、家電の主役の薄型TVです。CRT型TVでは圧倒的に強かった日本のブランド、特に、SONY、松下の影が薄い。

追い上げる、韓国三星と台湾各社の勢いが強く印象付けられた。プラズマも液晶も日本がNO1の強固な地位を占めていたのが様変わりの状態である。

20インチの液晶TVが7万円
30インチの液晶TVが19万円
42インチの液晶TVが25万円
46インチのプラズマTVに至っては、28万円

など、日本製の半値であります。

1インチ1万円が目標と言っていた日本のメーカーは大丈夫なのだろうか? 台湾ではOEM顧客に既に、1インチ5000円を切る価格をオファーしています。多くのOEMメーカーが凌ぎを削り、びっくり仰天の価格を提示しています。

その活力には本当に驚かされます。日本企業にこれほどの、がむしゃらな、敢闘精神があるだろうか。

年間1億台を超えるTV産業は家電の中でも最大の商品であり、そのシェアの帰趨は産業に与える影響は極めて大きい。

台湾メーカーの動向は、アジアの中華圏全体を巻き込み、目が離せない。2000万人しかいない小さな島国で、日本より資源のない台湾を世界一にしている人々は、本当にエライ! 

そして、心から親日的な人が多いのには、こちらも、心から御礼をいいたい。

そして、日本と台湾の貿易収支はいつも、日本の輸出超過です。沢山儲けさせてもらっています。観光客も沢山来てくれます。

中国本土からの輸出企業上位3社が台湾企業で占められているそうです。その中にも、日本の部品が多く使われています。

このような国の人々に対し、日本はビザを要求している。日本人が行く時はいらないのに台湾人が来日する時はビザが要ります。

日本くる台湾人の犯罪率は1%以下と極めて低いのですから、ビザを要求するのは理屈に合わない。香港人にノービザにしたように、台湾人にもノービザにすべきです。
  

[total : 738]
( 17 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

258 2008年8月第4週 「北京 オリンピック」 08-08-25
257 2008年8月第3週 「フレー、フレー ニッポン!」 08-08-18
256 2008年8月第2週 「竹島問題」 08-08-11
255 2008年8月第1週 「政治の力、金が無くても出来る事」 08-08-04
254 2008年7月第5週 「やせる為の食事の時間」 08-07-28
253 2008年7月第4週 「狐とたぬき」 08-07-22
252 2008年7月第3週 「深刻なアメリカ経済」 08-07-14
251 2008年7月第2週 「ユダヤと日本 U」 08-07-07
250 2008年6月第5週 「医療保険」 08-06-30
249 2008年6月第4週 「ビジネス構\築十\ヶ条」 08-06-23
248 2008年6月第3週 「秋葉原通り魔と未婚率」 08-06-16
247 2008年6月第2週 「タバコが1箱1000円、チューインガム1000円」 08-06-09
246 2008年6月第1週 「日本とユダヤ人」 08-06-02
245 2008年5月第4週 「アメリカのガソ\リン価格」 08-05-26
244 2008年5月第3週 「ユダヤ人」 08-05-20
243 2008年5月第2週 「世界最大の3D立体ディスプレイ」 08-05-14
242 2008年5月第1週 「液晶デスプレイのドット抜け」 08-05-07
241 2008年4月第5週 「中国 国費 留学生」 08-04-28
240 2008年4月第4週 「築地魚市場 人気の観光スポット」 08-04-21
239 2008年4月第3週 「立体カメラ」 08-04-14
238 2008年4月第2週 「 3D立体映像の商業化」 08-04-07
237 2008年4月第1週 「 税金の無駄遣い」 08-03-31
236 2008年3月第4週 「 だめな日本って本当?」 08-03-25
235 2008年3月第3週 「立体テレビへの道」 08-03-19
234 2008年3月第2週 「世界最大の電子街 深圳市 “華強北路”への出店」 08-03-11
233 2008年3月第1週 「イラン人と日本の温泉」 08-03-03
232 2008年2月第4週 「日本のワイロU」 08-02-27
231 2008年2月第3週 「日本のワイロ」 08-02-18
230 2008年2月第2週 「男のパンツ」 08-02-12
229 2008年2月第1週 「世界の66億人の平均年齢は何歳でしょう」 08-02-04

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp