ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2004年 9月 第1週 「イランの名物」

イランには世界最高級のキャビアがあります。昔は、今と比べると遥かに安かったのですが、最近は、べらぼうに高い。

イランのキャビアはカスピ海で採れます。カスピ海は巨大な内陸の海で、水は塩水で外洋とは繋がっておらず、日本と同じ面積の世界最大の湖です。

浜に立つと、それは全く海で、波も荒く、青い水平線は遥か空に溶けていました。

イランの中でもカスピ海沿岸地区は気候も温暖で、雨が多く、緑に溢れ、日本の気候と変わりません。

中南部は乾燥した気候で首都テヘランは、雨が少なく、傘を持っていない人が多い。

雨は恵みで、雨に濡れる事をほとんど気にせず、傘をささずに、歩いている。
少々濡れても乾燥した気候なので、直ぐ乾いてしまうのです。

キャビアはチョウザメの卵ですが、チョウザメは成熟して産卵期が近づくと、カスピ海南部の比較的水温の暖かい所に移動するとの事でした。

従って、北部のロシアで採れるキャビアはまだ成熟しておらず、南部のイラン領で採れるものが成熟した高級品との事でした。ロシア産のものにも、ものすごく高いものがありますので、本当かどうかは判りません。

チョウザメは魚体の大きさによってベルーガ、オセトラ、セブルーガと種類が異なります。

取れるキャビアもその順番でランク分けされます。

最高級のベルーガは 100g 15000円
オセトラは 100g 13500円
セブルーガ 100g 12000円 位、

で日本で売られていますが、5年ほど前のイランの公設市場では、その3分の1位ので買えました。

キャビアは密漁されたものを除き、全て政府の管理下で販売されており、イランでも庶民には縁の薄い高級品です。

テヘラン空港政府専売所で売っていますが、まとめて何キロと買って行くプロがおり、品切れの時が多く、何時でもあるという訳には行きません。

ベルーガは粒が大きく、色も薄く、味も濃厚で口の中で旨みが溶け出してくる。
日本のレストランで多く出されるのは、黒い色で小粒のセブルーガで比較的安い。

一缶100g5000円のキャビアを全部思い切って、温かいご飯にかけて、キャビア丼にしてみました。 レモンとハーブを刻んでかけ、5000円の丼を、一箸口に含みました。「一口500円、500円」牛丼2杯分と思うだけで、王様の気分を味わいました。
今なら15000円のキャビア丼になります。

イランの典型的な料理にチロキャバブと言う焼き肉があります。

肉を細身の刀に巻いて焼いたものが元々の姿であったと言われています。味付けした肉をそのまま鉄串に巻いて焼くもの、ひき肉を焼くもの、肉と野菜を交互に刺して焼くものなど、いくつかの種類があります。 

大量のハーブと香辛料を使った、独特の味付けで実に旨い。ステーキより遥かに旨いと感じました。

イランの乾燥高温の砂漠地帯で作られる果物は、日本のものより甘味が強いように感じられました。特に、メロン、スイカが甘いのです。 道端でジュースにして売っている冷たい果実100%ジュースは、暑い日には、こたえられない旨さです。

珍しいのは、ざくろで日本で見るものの倍くらいの大きさで、甘味が強い。 現地の人はざくろを、大量にある種ごと食べてしまいます。真似してみたのですが、どうにも食べずらい。種を吐き出しながら食べるのは、マナーに欠けるとの事で、仕方なく全部飲み込みました。イランのざくろは、誰もいない所で食べたいものです。

子供の時、「スイカやブドウの種を食べると、盲腸になる」と言われ丁寧に種を出していましたが、ざくろの大量の種やブドウの種を食べてしまうイラン人を見ると、その話は疑わしい。

アーモンド、ペスタチオなどのナッツ類も種類が多く、新鮮なものを産地で食べると、止まらなくなるほどいくらでも食べることができます。カロリーが高いので、太りすぎに注意しなければなりません。

イラン料理の味付けのベースはトマト味で、イタリア、ギリシャなどの地中海料理に、よく似ています。チーズ、ヨーグルトも素材そのままと言う味で、健康に良いと感じられるものでした。

主食は米とナンと呼ばれるパンです。種類が多く、私達が食べている普通のパンもありました。

現在、イランはリビア、北朝鮮と共に、「悪の枢軸」と言われていますが、一般庶民は親日的で、私達と変らない、親切な人達で食べ物も美味しく、普通の国でした。
  

[total : 734]
( 17 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

254 2008年7月第5週 「やせる為の食事の時間」 08-07-28
253 2008年7月第4週 「狐とたぬき」 08-07-22
252 2008年7月第3週 「深刻なアメリカ経済」 08-07-14
251 2008年7月第2週 「ユダヤと日本 U」 08-07-07
250 2008年6月第5週 「医療保険」 08-06-30
249 2008年6月第4週 「ビジネス構\築十\ヶ条」 08-06-23
248 2008年6月第3週 「秋葉原通り魔と未婚率」 08-06-16
247 2008年6月第2週 「タバコが1箱1000円、チューインガム1000円」 08-06-09
246 2008年6月第1週 「日本とユダヤ人」 08-06-02
245 2008年5月第4週 「アメリカのガソ\リン価格」 08-05-26
244 2008年5月第3週 「ユダヤ人」 08-05-20
243 2008年5月第2週 「世界最大の3D立体ディスプレイ」 08-05-14
242 2008年5月第1週 「液晶デスプレイのドット抜け」 08-05-07
241 2008年4月第5週 「中国 国費 留学生」 08-04-28
240 2008年4月第4週 「築地魚市場 人気の観光スポット」 08-04-21
239 2008年4月第3週 「立体カメラ」 08-04-14
238 2008年4月第2週 「 3D立体映像の商業化」 08-04-07
237 2008年4月第1週 「 税金の無駄遣い」 08-03-31
236 2008年3月第4週 「 だめな日本って本当?」 08-03-25
235 2008年3月第3週 「立体テレビへの道」 08-03-19
234 2008年3月第2週 「世界最大の電子街 深圳市 “華強北路”への出店」 08-03-11
233 2008年3月第1週 「イラン人と日本の温泉」 08-03-03
232 2008年2月第4週 「日本のワイロU」 08-02-27
231 2008年2月第3週 「日本のワイロ」 08-02-18
230 2008年2月第2週 「男のパンツ」 08-02-12
229 2008年2月第1週 「世界の66億人の平均年齢は何歳でしょう」 08-02-04
228 2008年1月第5週 「伝統工芸品」 08-01-29
227 2008年1月第4週 「日本の景気の後退」 08-01-21
226 2008年1月第3週 「究極の薬膳料理 カレー」 08-01-16
225 2008年1月第2週 「ロシアの日本車」 08-01-07

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp