ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2012年10月第1週 「尖閣大騒動」

石原都知事の思いつきの尖閣買収から始まった今回の大騒動は、デモは収まったものの、「日本の敗北」の様相を呈している。
今まで、何事もなく、領土問題は存在しないと、実効支配を続けていたものを、世界中に「日中間に領土問題がある」と大宣伝してしまった。
この事実だけでも、日本の立場の後退であり、大きなマイナスであります。
この期を捉えて中国政府は一挙に攻勢に出た。
国内に様々な問題を抱えている中国政府の立場は、決して磐石ではないのす。
対外的に攻勢に出て、国内の求心力を強める絶好の機会になりました。
国交正常化40年の中で日本は、最悪の状況を作り出してしまった。
日本政府を窮地に陥らせた石原都知事はA級戦犯である。気の毒なのは 野田首相で、石原都知事の後始末をしている。

こうなった以上、トウ小平の言った 100年後の子孫に解決を任せる以外道はないように思える。
日本政府はトウ小平の言に従う事で中国の面子を尊重したら良い。
「東シナ海に領土問題は存在しない」との日本の主張は、石原都知事の愚行によって完全に否定されてしまった。
それを受けて次善の策を考えなければならない。
日本人と中国人が 時間をかけてつくり上げて来た、経済、観光、政治の関係を更に進展させ、両国の利益に資するようにしたい。
当社も中国 香港との貿易に依存しています。
現在 実務においては、ほとんど影響はないが、輸出、輸入の手続きなどで、意図的に 遅らされたりすると困ります。
中国の税関はよく 意地悪をします。そして暗に賄賂を要求するのです。

日本人も中国の状況をもう少し知るべきです。
例えば 中国国営放送 CCTVでは、毎日 日本軍を悪役に仕立てたTVドラマをやっています。
CCTVはNHKと違って1局ではなく、10局くらいあるので、皆が見ていると言う訳ではないのですが、戦後 68年経っても、国営放送で反日映画を毎日やっていることは、認識すべきです。

筋立てはいつも同じで、残虐でしかも、実に弱い日本兵を、賢く勇敢な中国兵がこてんぱんにやっつけると言う内容です。中国の友人も内容は見なくても判ると言う。
昔の西部劇と同じで、日本人がインデアン、騎兵隊が中国兵です。
もう少し 別の筋立てが出来ないのかと 中国の友人も言います。「あんな弱い日本兵の侵略を、どうしてあんなに強い中国兵が防げなかったのか」誰でも持つ疑問です。

あんな小さな日本に侵略された事が、我慢ならないような愛国教育をしているのですから若い人が反日の感情を強くするのは当然です。

小さいと言うと、トウ小平は身長 150cmの小柄で あだ名は「小さい瓶」と言われていました。読み方が同じだったからでした。
日本を悪く言う時必ず「小日本」と言います。「ちびの日本」と言う意味なのでしょうが
確かに、北の中国人は一般的に大きいが 南の中国人は小さい人が多いので気にすることはありません。偉大なトウ小平も小さかった。

トウ小平が言っています。日本と中国の関係1500年くらいの中で、喧嘩をしていたのは ここ100年くらいで、長い友好の歴史がありました。
また元の友好の関係に戻りましょう。

先週の答え
「動体視力は鍛えられるか」
水晶体の屈折率を変化させるのは、毛様体筋です。毛様体筋を鍛える、つまり「動体視力」を鍛えることが大切です。
毛様体筋は、筋肉なので、手や足の筋肉と同様鍛えることができます。動体視力を鍛えれば、眼の老化も防げます。
扶桑社「あるある大事典」参考

今週のクイズ
「動体視力を鍛えるにはどの様な運動がよいか」
  

[total : 738]
( 3 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

678 2016年10月第3週  ロシアの資源 16-10-16
677 2016年10月第2週  殺人者 16-10-09
676 2016年10月第一週  国際NPO コペルニク 16-10-02
675 2016年9月5週  ユニクロ 16-09-25
674 2016年9月第4週 中国のコピー 16-09-19
673 2016年9月第3週 本物になってきた日本観光 16-09-12
672 2016年9月第1週 台風と地震と停電 16-09-05
671 2016年8月第5週 韓国のミサイル防衛と中国 16-08-29
670 2016年8月第4週    アディオス リオ オリンピック 16-08-21
669 2016年8月第3週 オリンピックのメダル 16-08-15
668 2016年8月第2週  千代の富士 16-08-07
667 2016年8月第1週  アーム社の買収 16-08-01
666 2016年 7月 第4週    銅羅湾書店 16-07-24
665 2016年 7月第3週 南シナ海の国際司法裁判と日本 16-07-19
664 2016年7月第2週   EU離脱の衝撃 16-07-11
663 2016年7月第1週   トルコからの便り 16-07-04
662 2016年6月第5週 イギリスのEU離脱と庶民感情 16-06-29
661 2016年6月第4週 アメリカの経済制裁の効果 16-06-19
660 2016年6月第3週 殉教者の遺書 16-06-13
659 2016年6月第2週 台北コンピューテックス 16-06-06
658 2016年5月第6週 「イラン制裁についての見解」 16-05-30
657 2016年5月第5週 「カタールの事」 16-05-23
656 2016年5月第4週 「テヘラン 訪問」 16-05-16
655 2016年5月第3週 「カタールとイラン」 16-05-09
654 2016年5月第1週 「各国のイラン詣で」 16-05-02
653 2016年4月第4週 「印刷技術の進歩」 16-04-25
652 2016年4月第3週 「熊本地震」 16-04-18
651 2016年4月第2週 「イランの友人」 16-04-11
650 2016年4月第1週 「砂漠」 16-04-05
649 2016年3月第5週 「瀬島 龍三」 16-03-28

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp