ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2012年11月第4週 「マチュピチュ」

世界遺産の中ででも NO1の人気スポットが ペルーのマチュピチュです。そこに 20数回も ガイドとして行っている方に話を聞きました。
日本の裏側に位置し、日本から乗り換え時間も入れて20時間近くかかる。
首都リマからクスコに行き、更に列車、車を乗り継いでマチュピチュまで4時間近くかかる。
行くだけでも大変、更に問題は高度が高いので、多くの人が重い軽いはあるが、高山病にかかる事で、2000mくらいの高度の所で1泊して体を馴らす必要があるとの事です。
費用も安くて25万円位から、高いと70万から80万円かかる。
暇とお金がないととても行ける場所でないので、ツアー客の多くが 65歳以上の高齢者と独身貴族の女性と言う。

ペルーは日系人のフジモリ大統領が1990年から2000年までその職にあり、日本大使公邸が極左武装勢力に占拠された時、防弾チョッキを身につけて陣頭指揮した勇姿が思い出される。
現在は、娘のケイコ フジモリが大統領選挙の有力候補になるなど、国民は親日的で走っている車もほとんどが日本車と言う。
車は新車もあるが多くは日本の中古車で、日本からペルーに運ぶ船の中で、右ハンドルを左ハンドルに直してペルーに陸揚げすると言う。
世界にはいろいろな仕事があるものです。

トヨタの技術はたいしたもので、現在1リットル35Km走行のハイブリッドを更にプラグインハイブリッドにして、1リットル50Kmを目指すと聞きました。
それも先の話ではなく 来年には本格的に売り出すと言う。
ニッサンも追随すると言う。こんな車が出てきたら、如何に反日の中国人と言えども、必ず買うと思います。

話を元に戻して、ペルーは治安も良く、夜でも安心して歩けるそうです。
経済も鉱業を中心に安定しており、国民の生活水準も向上して、ほとんどの人が携帯電話を持っているそうです。
しかし、携帯も、家電商品も韓国、中国製がほとんどで、高い日本製は、敬遠されているそうです。
「電気製品は日本製」の時代は過去のものになっています。

しかし、ペルーで嫌われている国民は
1位 イスラエル
2位 韓国人
3位 中国人
だそうで、自己主張が強く、やたらと値切るなど、ペルーの人情には合わないようです。

旅行先から、日本への連絡は不可欠なのですが、通話料が高いのに困っているそうです。
ソフトバンクのレンタルを借りて行ったら 首都のリマでも繋がらず、以後、ドコモの携帯にかえているそうですが、ともかくドコモでも携帯の料金が高い。
1回ツアーに行くとローミングの為、携帯料金が10万円くらいになると言う。
当社のSIMM FREE携帯に現地のSIMMを入れれば、劇的に安くなると、ガイドの人に教えてあげました。
次回 どの位安くなるか楽しみです。

先週の答え
「インフルエンザ ウイルスの脅威とは」
インフルエンザで記憶に新しいのは、中国雲南省から香港に伝染した鳥インフルエンザで、日本でも大騒ぎになりました。
H5ウイルスで家禽ペストと言われ、感染したら80%の鳥が死にます。

もともと インフルエンザは鳥の世界だけに存在していたのですが、豚を介して人間に感染する様に変異したのでした。
過去にはスペイン風邪の様に世界人口の50%が感染して2000万人が死んだインフルエンザもありました。
インフルエンザが怖いのはたった1個のウイルスが24時間で100万倍と言う恐るべき増殖力を持っている事とウイルスが突然変異することです。

増殖を続けて行く内に、今までなかった強力なウイルスに変化し、多くの人を死に追いやるのです。
扶桑社「あるある大事典」参考

今週のクイズ
「インフルエンザの予防法は?」
  

[total : 718]
( 3 / 24 )

番号

タイトル

掲示日

658 2016年5月第6週 「イラン制裁についての見解」 16-05-30
657 2016年5月第5週 「カタールの事」 16-05-23
656 2016年5月第4週 「テヘラン 訪問」 16-05-16
655 2016年5月第3週 「カタールとイラン」 16-05-09
654 2016年5月第1週 「各国のイラン詣で」 16-05-02
653 2016年4月第4週 「印刷技術の進歩」 16-04-25
652 2016年4月第3週 「熊本地震」 16-04-18
651 2016年4月第2週 「イランの友人」 16-04-11
650 2016年4月第1週 「砂漠」 16-04-05
649 2016年3月第5週 「瀬島 龍三」 16-03-28
648 2016年3月第4週 「まちかど情報室」 16-03-22
647 2016年3月第3週 「LLCと香港」 16-03-14
646 2016年3月第2週 「マジックバルブ パッと 発売1年 お客様の声」 16-03-07
645 2016年2月第5週 「マジック バルブ パッと 発売1年」 16-02-29
644 2016年2月第4週 「イランの事2」 16-02-22
643 2016年2月第3週 「イランの事1」 16-02-15
642 2016年2月第2週 「イランの経済制裁解除」 16-02-08
641 2016年2月第1週 「訪日観光客と爆買2」 16-02-01
640 2016年1月第5週 「訪日観光客と爆買」 16-01-25
639 2016年1月第4週 「海上自衛隊」 16-01-18
638 2016年1月第3週 「深センの地下鉄」 16-01-11
637 2016年1月第2週 「新年明けましておめでとうございます」 16-01-04
636 2015年12月第5週 「今年 1年 本当にお世話になりました。」 15-12-28
635 2015年12月第4週 「最近の中国の印象」 15-12-21
634 2015年12月第3週 「コンゴの芸術」 15-12-14
633 2015年12月第1週 「アフリカの美人」 15-12-01
632 2015年11月第4週 「日本の近代化」 15-11-23
631 2015年11月第3週 「ガラケー売ってください」 15-11-16
630 2015年11月第2週 「海外進出」 15-11-09
629 2015年11月第1週 「中国一人っ子政策の終わり」 15-11-02

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp