ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2011年9月第3週 「ユーロの危機」

成長率が鈍化、失業率上昇、金利が下がり、銀行の貸し渋り、貸しはがし、物価の下落、デフレ、ユーロ圏銀行へのプレミアウム金利など、どこかで聞いた言葉が並ぶ。そうだ。15年前に日本が味わった苦しみでした。
長期に渡る不動産と株式のバブルにより、企業のバランスシートが傷つき、個人消費、設備投資などが落ち込み、民間経済が下落、それを政府の財政支出で支えてきた。
日本の場合、円高は進んだが好調なアメリカとアジアへの輸出に支えられ、GDPはそれほど落ちなかった。
しかし、依然として、民間需要は低迷、デフレが進行、公的債務はGDP比200%を超え、主要国の最悪の水準になっている。金利を下げても資金需要が起きない。
財政支出で経済を支えた結果、債務が巨額になっても、不況で税収が伸びない為、国債の発行をやめられない。

しかし、巨額の財政支出がなされなかったら、日本発の経済恐慌も想定された危険な状況でありました。
とは言え、税収以上の借金を続ければ、国を破綻させる恐れがあります。
いつまでも、借金生活を続け、自己破産してよいと思っている国民はいない。

しからば、どうするのか。私達にそれほど多くの選択肢があるわけではありません。
経済全体に対する影響を見極め、慎重にタイミングを測り、勇気を持って施策を実行する事が求められます。

○経済を活性化させ、成長を促進、税収増を計る。
円高が進行、国内消費が低迷している現状では極めて困難。
ただでさえ高い法人税率は上げるどころか 引き下げを求められている。
これまでの政権はこの政策を唱えて、国民に迎合してきたが効果が少なかった事は現実が証明している。

○消費税の増税を計る。
ヨーロッパ諸国では消費税20%が近く普通であり、日本でも、10%を超えて15%にしなければならなくなるのは、少子高齢化の現在、時間の問題と思われる。
スエーデン、デンマークは25%の消費税で、観光に行った日本人は驚いてしまう。
5%で文句を言っている国民は、20%などとても受け入れられないと思っている。
ヨーロッパで買い物をして帰国する時、空港で税金を払い戻してくれるが、多くの日本人観光客は、窓口の長い列にあきらめてしまう。手続きも慣れていないと難しい。
消費税の増税を遅らせれば、遅らせるほどその効果は失われる。

○年金の支給年齢の引き上げと減額、医療費の個人負担の増額、その他、あらゆる分野
の公的サービスの縮小。

いずれにせよ、国民に大きな負担を強いることは間違いありません。

アジア、ヨーロッパ、アメリカと商売をしている関係で、この困難をチャンスに変えられないかと、いつも考えます。
現在のヨーロッパやアメリカの人達にデフレの進行の経験はありません。
日本だけが経験しました。
失われた10年と、現在の日本は、まったく 明日のヨーロッパでありアメリカであると言えるのではないだろうか。
そうとすれば、日本の経験をヨーロッパアメリカで生かせば、大きなビジネスチャンスが見出せる可能性があります。
世界中で日本人だけが経験した優位性を生かし、収益を上げることを考えましょう。
金融は、銀行や証券会社のものではありません。
個人の知恵で困難を乗り切っていかねばならない時代です。
大きな変化は大きなチャンスかもしれない。
考え方によって未来を切り拓けるかもしれません。
明日どんな事が起こるか、おおよそでも判ると利益を得る事も出来ると思うのですが。
そんなに簡単ではないとは思いますが、日本人はこの分野において圧倒的に有利な立場にあります。

先週の答え
「夏ばてに味噌も良さそう」
味噌には良質のタンパク質、脂質、ビタミンB2,鉄、リン、カルシュウムが含まれている事から総合健康食品と言われています。味噌は麹の発酵作用により、大豆のタンパク質が良質のアミノ酸に分解されます。つまり、非常に消化されやすくなります。
味噌の消化吸収力は95%以上で、ドリンク剤のように飲んだらすぐ効くのです。味噌のように消化に優れた食品は、夏ばてで弱った胃腸には最適です。
味噌は冷え症にも効果的です。
夏に サバの味噌煮が良さそうです。
扶桑社「あるある大事典」参考

今週のクイズ
「人はなぜ酒に酔うのか」
  

[total : 730]
( 5 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

610 2015年6月第3週 「シーボルトの娘」 15-06-15
609 2015年6月第2週 「エジソ\ンと働く時間」 15-06-08
608 2015年6月第1週 「”マジック バルブ パッと”と海外」 15-06-01
607 2015年5月第4週 「アフリカ 横断 鉄道」 15-05-25
606 2015年5月第3週 「”マジック バルブ パッと”特許」 15-05-18
605 2015年5月第2週 「軽自動車が中国で普及しない理由」 15-05-11
604 2015年5月第1週 「中国人観光客」 15-05-04
603 2015年4月第5週 「世界の停電事情」 15-04-27
602 2015年4月第4週 「中国の人件費とミャンマー」 15-04-20
601 2015年4月第3週 「訪日観光客のスマホにターゲット広告」 15-04-13
600 2015年4月第2週 「スマホ対応にしないと」 15-04-06
599 2015年3月第5週 「最強のLED電球 {マジック バルブ パッと}」 15-03-30
598 2015年3月第4週 「電球の革命 世界初1台3役  マジックバルブ パッと」 15-03-23
597 2015年3月第3週 「中国人観光客とLLC」 15-03-16
596 2015年3月第2週 「シリコンバレーとシンセン」 15-03-09
595 2015年3月第1週 「東京都中小企業振興公社」 15-03-02
594 2015年2月第4週 「マジック バルブ パッと」 15-02-23
593 2015年2月第3週 「停電」 15-02-16
592 2015年2月第2週 「三菱財閥の創業者 岩崎弥太郎と坂本竜馬」 15-02-09
591 2015年2月第1週 「後藤さん殺害」 15-02-02
590 2015年1月第5週 「日本の技術力」 15-01-26
589 2015年1月第4週 「フランスのテロ」 15-01-19
588 2015年1月第3週 「中国の地下鉄」 15-01-13
587 2015年1月第2週 「あけましておめでとうございます」 15-01-05
586 2014年12月第4週 「身長の事」 14-12-22
585 2014年12月第3週 「中国の言い分」 14-12-15
584  2014年12月第2週 「アフリカ コンゴの絵画と写真」 14-12-08
583 2014年12月第1週 「坂本竜馬と東京駅」 14-12-01
582 2014年11月第4週 「時間の過ぎ方」 14-11-24
581 2014年11月第3週 「アリババと」 14-11-17

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp