ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2010年11月第5週 「海外で通用する人材」

大学新卒者の内定率が10月1日現在で57.6%と統計が始まって以来 最低を記録した。
若い人の就職が厳しい。しかし、中高年は更に厳しい。
傾向としては、時代の変化が早く、新卒を採って育てるより、即戦力の若手の採用を目指す企業が多くなってきている。

縮小する国内市場から海外に販路、ビジネスチャンスを求めざろうえなくなっている企業の事情がある。
外人の採用が軒並み増えている。外国人の採用を後押しするサービスも増えている。
日本で勉強している留学生の採用
海外に留学している日本人の採用
これらも増えているが、もともと日本企業には外国で勉強した学生を評価しない傾向が強く、若い人の海外留学の著しい減少の、大きな原因になっている。
特に 優秀な女子留学生の日本での就職は困難で、海外の企業に人材が流れている。
香港 中国の企業でマネージャーとして働く若い日本人女性に会う事がよくあるが、実に頼もしい限りで、「若い男はどうした」と思ってしまいます。

海外で通用する人材の育成は日本を支える重大な要素ですが、大学でその様な教育はほとんどなされていない。
海外で通用する人材と言うと 英語教育と言われるが、英語ができれば世界に通用するかと言うと、そうではない事は論を待たない。
基本的には、下手な英語でも確実に人間性をベースに、外国の人達とコミニュケーションが取れ、協調して建設的に仕事ができるかどうかです。
日本の外資系企業には所謂、「英語屋」と揶揄される、英語ができるだけの日本人も多く見受けられる。

世界には 英語はもとより、数ヶ国語を話せる人材が多くいます。
知り合いのフランス人は、フランス語、英語、スペイン語、ポルトガル語、ラテン語に加え、日本語、も勉強している。
ニッサンのゴーン社長はブラジル出身で、フランスで教育を受けており、ポルトガル語
フランス語は堪能であるが、英語の発音は良くはない。しかし、ビジネスに支障は全くない。彼の才能は英語の能力に比例している訳ではない。

香港の友人の香港人(彼らは自分たちを中国人とは言わない)は、北京語、広東語、台湾語、マレー語、英語を話す。
もっとも、日常語はほとんど広東語と英語である。

言葉を沢山話せる事は、コミニュケーションを取るのに、極めて有用でありますが、日本人の場合、中国語ができなくても、漢字ができるので、ものすごく便利であります。
要は意思の疎通を通じ、お互い理解しあえるかどうかです。
何と言っても、場数を踏むことが重要で、外国人を異質な存在と感じないようにする事が
大事です。

シンガポールは30%が移民の国で、もともとの国民の出生率は日本と比べ、それほど多い訳ではないのですが、移民の力を借りて 世界一の経済競争力を創り上げています。

日本もTPP はもとより、人材の自由化を計らなければ、とても現在の国力の維持は無理です。大相撲の横綱、大関のほとんど外国人である事、サーッカーのJ-リ-グで多くの外国のプレイヤーが活躍している事、イタリア セリエAのプレイヤーのほとんどが外国人である事が象徴しているように、経済でも国際化は必須です。
アメリカのシリコンバレーはアメリカ人ではなく外国人によって成長をとげているのです。
日本人が特別優秀ではない事、日本が最早アジアでNo1ではない事は自覚しなければなりません。しかし、日本は気候面でも、社会的にも、アジアの多くの人が住みたいと思っている国なのです。政策によって才能のある人達が沢山来る国なのです。

先週の答え
「酢は健康によい。海外にはどんな酢があるのでしょうか」

世界には4000種類ほどの酢があります。
各国の酢は酒と関係があります。
○日本 清酒を基にした米酢
○アメリカ りんごで作るりんご酢
○ドイツ ビールから作る麦酢
○フランス ワインから作るぶどう酢
酸度は
日本の米酢は 4.2〜5%
欧米     6%〜8%
これだけ種類があるので体調にあわせて使い分けましょう。
扶桑社 「あるある大事典」参考

今週のクイズ
米酢の性質と効能は何でしょう。
  

[total : 730]
( 6 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

580 2014年11月第2週 「Wifi」 14-11-10
579 2014年11月第1週 「高杉晋作と江戸、東京」 14-11-04
578 2014年10月第5週 「香港秋季エレクトロニクスショー」 14-10-27
577 2014年10月第4週 「上野から秋葉原は寛永寺の門前町」 14-10-20
576 2014年10月第3週 「香港のデモ」 14-10-14
575 2014年10月第2週 「2014/9/21〜27の主な中国関連記事」 14-10-06
574 2014年9月第5週 「朝日新聞の中国食品の毒は、日本に責任があるとする報道」 14-09-30
573 2014年9月第4週 「日本人と外国人」 14-09-22
572 2014年9月第3週 「日本人捕虜」 14-09-15
571 2014年9月第2週 「明治時代 日本の発展の理由」 14-09-08
570 2014年9月第1週 「ドライブレコーダー」 14-09-01
569 2014年8月第4週 「黒人」 14-08-25
568 2014年8月第3週 「東京大学」 14-08-18
567 2014年8月第2週 「先週の中国のニュース」 14-08-12
566 2014年8月第1週 「iPhone6」 14-08-04
565 2014年7月第5週 「おもてなし3」 14-07-28
564 2014年7月第4週 「おもてなし2」 14-07-21
563 2014年7月第3週 「おもてなし」 14-07-14
562 2014年7月第2週 「集団的自衛権の行使容認」 14-07-07
561 2014年6月第5週 「会長逮捕」 14-06-30
560  2014年6月第4週 「中国人観光客」 14-06-23
559 2014年6月第3週 「ワールド カップ」 14-06-16
558 2014年6月第2週 「中国の越境入学」 14-06-09
557 2014年6月第1週 「ワールドカップ」 14-06-02
556 2014年5月第5週 「今週の主な中国関連記事(5/11〜5/17)」 14-05-26
555 2014年5月第4週 「ベトナムの事」 14-05-19
554 2014年5月第3週 「在庫品買取ます!」 14-05-12
553 2014年5月第2週 「韓国客船沈没事故」 14-05-05
552 2014年4月第5週 「情報漏洩、不正情報の発見」 14-04-28
551 2014年4月第4週 「今週の主な中国関連記事(4/6〜4/12)」 14-04-21

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp