ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2011年1月第1週 「あけましておめでとうございます」

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。
昨年もいろいろなことがありました。日本の景気は一向に良くならず、国の借金は毎年、毎年、過去最大を記録、政治は混乱、あまり良い事はありませんでした。
GDPでは中国に抜かれ世界3位に転落、個人所得ではシンガポールにアジアで一番の地位を譲りました。人口も減少、アジア大会ではメダルの数でこのところ、ズーと韓国に負けている。良い事ってないのだろうか。

中国の友人と話しました。
彼は日本に留学して来て、卒業後、中国に戻り国営企業に就職したのですが、会社を辞めてまた日本に来て働いています。この様な中国留学生が増えていると言う。
「大発展の中国の方が良いだろう」と言うと、「確かに中国は発展しているが、それを享受しているのは、一部の権力者とそれに繋がっている人達で、庶民の生活は物価も上がり非常に厳しい。日本の生活を経験した者には、耐え難い。」
「ゴミを捨てるな。つばを吐くな。バスに乗るときは並べ。人の物を盗むな。梅毒撲滅、エイズに注意。デモ禁止.などと街中のポスターに書いてある国が 暮らし良い訳がない」

「中国人の品性が日本人に追いつくには100年かかる」
「日本を正当に評価し良い所は見習おうというと、非愛国的と言われる。相手の事を正しく理解する度量が今の中国にはない。日本製品ボイコットしたら、中国の産業が持たない事を知らない。技術的には中国は日本に30年遅れている。台湾からも遥かに遅れている。
中国に対する外国の援助の65%が日本からであった事も国民は知らされていない。
日本の援助がなかったら、現在の中国はない」
「中国人は1人では龍の様に強い。3人寄ると虫の様に弱い。日本人は一人では虫の様に弱い。3人寄ると龍の様に強い」これは中国で言われている事です。
親日家の友人が言うことなので、割り引いて聞かなければいけませんが、正月に聞くと、今年一年、少しは自信を取り戻せました。彼は出来れば日本と中国の両方をつなぐ仕事をしたいと言う。隣の国なのに、「日本は中国を知らず」「中国は日本を知らない」両者の情報のギャップの中に、彼のビジネスが成功する事を祈りました。

ただ 尖閣諸島については「あれは中国領であると思う。琉球王国は中国に服属していたものを、江戸時代に薩摩藩が侵略、奪取したもので、中国の立場としては沖縄全体が中国領と考える人もいる」なるほど一理ある。
清の末期、中国は多くの領土をロシア、モンゴル、インド、ベトナム、日本に、現在の国土の半分位を取られたと信じられています。それだけに領土については、極めて神経質なのです。

対馬藩は日本と朝鮮両方に服属しているように見せかけていた時期があったので、「竹島だけでなく対馬も韓国領」と韓国の右翼が言っているのと共通項がある。

韓国のスポーツの事で 韓国の友人が言いました。
「韓国のスポーツ選手は アマチュアと言っても、国あるいは企業の支援を受け、仕事も勉強もしない。朝から晩までスポーツしかしないので、日本より強くなるのは当たり前、勉強をしなかった若い人が、スポーツで挫折すると社会に出ても使いものにならない事は韓国内でも問題になっている。オリンピックや、アジア大会で入賞すると生活は保障されるが、そうでないと、悲惨な状態になる」
仕事も勉強もしながらスポーツをやる日本の選手の方が良いのかもしれない。

中国 韓国の友人の話を聞くと日本の良さが感じられる。
日本は最早アジアでナンバーワンではないかもしれないが、日本人は日本の良さをよく知って、アジア、ひいては 世界の人と協力して行く道にこそ、繁栄と幸せがあることを再認識したい。

先週のクイズ
「血液中の塩分濃度が上ると危険な訳は?」
血液の塩分濃度が上ると、薄めようと、のどが渇き血液の量が増加して、血管が圧迫されて血圧が上昇する。つまり、塩分の摂りすぎは高血圧を引き起こすのです。
高血圧とともに怖いのが胃ガンです。胃の塩分濃度が上ると塩分が酸に変わり、胃の粘膜を刺激します。長期にわたり過剰に塩分を摂ると、胃壁がさびついたような状態になり、悪性の物質が入りやすくなります。そこにガン細胞が発生するのです。
日本人の死亡原因の1位が胃ガン 2位が心疾患、3位 脳血管疾患です。
これはいずれも塩分の摂りすぎによって起こる病気です。
子供の時から、塩分の多い加工食品やファーストフードなどを多く食べていると、こうした病気になりやすいのです。
扶桑社 「あるある大事典」参考

今週のクイズ
「体にやさしい適塩とはどの位?」
  

[total : 710]
( 6 / 24 )

番号

タイトル

掲示日

560  2014年6月第4週 「中国人観光客」 14-06-23
559 2014年6月第3週 「ワールド カップ」 14-06-16
558 2014年6月第2週 「中国の越境入学」 14-06-09
557 2014年6月第1週 「ワールドカップ」 14-06-02
556 2014年5月第5週 「今週の主な中国関連記事(5/11〜5/17)」 14-05-26
555 2014年5月第4週 「ベトナムの事」 14-05-19
554 2014年5月第3週 「在庫品買取ます!」 14-05-12
553 2014年5月第2週 「韓国客船沈没事故」 14-05-05
552 2014年4月第5週 「情報漏洩、不正情報の発見」 14-04-28
551 2014年4月第4週 「今週の主な中国関連記事(4/6〜4/12)」 14-04-21
550 2014年4月第3週 「中国の太陽光パネル発電投資」 14-04-14
549 2014年4月第2週 「イオンの格安スマートフォン」 14-04-07
548 2014年3月第5週 「無料国際電話の御提案  お役にたちます。」 14-03-31
547 2014年3月第4週 「ドライブレコーダーFINEVu PROU発売」 14-03-25
546 2014年3月第3週 「アフリカ、コンゴ民主共和国に中古携帯とノートPCを送る活動」 14-03-17
545 2014年3月第2週 「中国の風俗産業」 14-03-10
544 2014年3月第1週 「スマートスクリーン」 14-03-03
543 2014年2月第4週 「 真央のオリンピック」 14-02-24
542 2014年2月第3週 「 マジックワークライト」 14-02-17
541 2014年2月第2週 「 Sochiオリンピック」 14-02-10
540 2014年2月第1週 「実近の主な中国関連記事(1/19〜1/25)」 14-02-03
539 2014年1月第5週 「ミャンマーの日本人」 14-01-27
538 2014年1月第4週 「あなたの携帯料金を半分にしましょう!」 14-01-20
537 2014年1月第3週 「中国の偽札」 14-01-14
536 2014年1月第2週 「日本の景気と中国の事」 14-01-06
535 2014年1月第1週 「明けましておめでとうございます。」 14-01-01
534 2013年12月第4週 「G-CALLでお得」 13-12-23
533 2013年12月第3週 「日本のアジアでの貢献」 13-12-16
532 2013年12月第1週 「SIMフリースマートフォンへのMVNO接続サービス」 13-12-02
531 2013年11月第4週 「ミャンマー」 13-11-25

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp