ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2009年7月第2週 「アメリカ経済の現状」

経済が最悪期を脱し、回復して来ているとマスコミが報じています。
たしかに、中国、ブラジルなど経済成長が持ち直してきている国もあります。ハイブリッドも売れています。
世界中の人々が大きな期待をもって、経済回復を望んでいます。
株価も日経平均がニューヨークダウの後を追って、1万円を超える水準まで上昇しました。

しかし、アメリカでは この大不況の原因になった住宅バブルが終息しておらず、資産価値の下落が止まっていません。
直近の住宅価格(S&Pのケース シラー指数)を見ても、価格下落下げ止まりの兆候は見当たらず、地域によっては、ニューヨークやデトロイトのように、過去最大の下落率を記録しているところもあります。
アメリカの全住宅ローンの8件に1件が 行き詰まっている状態なのです。
住宅ローンの行き詰まりは、銀行の不良債権の増加をもたらし、それが、銀行の貸し渋りになり、経済の停滞をもたらします。

今のところ、全てのエネルギー需要も落ち続けています。
原油価格は上昇の気配ですが、実需は確実に落ちており、投機による一時の価格上昇は続かないでしょう。
エネルギー需要の減退は、経済の弱さを反映しています。
ガソリンがリットル120円になっていますが、これから 夏休みにかけて、安くなるものと思われます。

いずれにせよ、アメリカが良くならないと、アメリカへの輸出で成長を遂げてきた、日本、中国、韓国、EUなど、多くの国々の経済の本格的な回復はありません。
「失われた10年」日本は、バブル崩壊の後遺症に悩まされ続け試行錯誤の上、多くの失敗を経験して、何とか不況を脱しました。

2007年 サブプライムの延滞が急増、アメリカの不動産バブルの崩壊が始まり翌2008年サブプライムを組み込んだ証券の価値の劣化が顕著になり、危機があっと言うまに世界中に拡大しました。
あれから、まだ 2年あまりしか経っていません。
日本の10年と比べるといかにもまだ短い。 本格的な経済の回復にはまだ時間がかかるものと覚悟した方がよいでしょう。
株価も、かなり 下がる局面も充分考えられます。

1990年代日本がバブル崩壊でデフレ不況に苦しみ抜いていた時、絶好調のアメリカ経済は、日本の輸出を吸収して日本経済の回復を助けたのです。
今は世界中良くないのですから、各国の公的資金が頼りです。世界中足並みを揃えて、立ち向かう以外この大不況を克服する道はありません。

2009年のGDP下落率  2009年3月31日発表。
日本 −6.6%
米国 −4.0%
EU  −4.1%
ドイツ −5.3%
仏   −3.3%
英国  −3.7%
中国   6.3%
インド   4.3%
ロシア  −5.6%

資料 OECD  リチャード クー レポート

先週のクイズ
「高血圧に風呂は良いのだろうか」
お風呂はからだの新陳代謝を高めてくれる。
朝風呂は熱い湯にさっと、夜の風呂はぬる目の湯にゆっくりとが、お風呂の上手な入り方である。
ただし、高血圧の人は多少の工夫が必要だ。
お風呂の温度が微妙に血圧を上げたり下げたりするからである。

日本人は熱い湯が好きで、普通42度くらいの湯に入る習慣がある。
この熱い湯は血圧を急速に上昇させるのだ。そのまま我慢して入っていると、血圧は一時おちつくが、また 上昇を始める。
血圧が150から160の人は180から190くらいまで上がることもある。つまり、脳卒中の危険が増す。

不惑温度と言って、体温に近いぬる目のお湯は、むしろ血圧を下げる効果がある。
つまり、血圧の高い人は、ぬる目のお湯にからだが疲れない程度、つまりあまり長湯にならないように入るのが良い。
三笠書房 「からだと健康」より。

今週のクイズ
「心臓の次に大切なところは? からだの部分で“第二の心臓”と言われる部分はどこか」
1)腎臓
2)肝臓
3)足
  

[total : 722]
( 8 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

512 2013年7月第3週 「中華料理」 13-07-16
511 2013年7月第2週 「コンゴの鉱物資源」 13-07-08
510 2013年7月第1週 「バーチャルリアリティ展(IVR)とパチンコ」 13-07-01
509 2013年6月第4週 「3D&バーチャルリアリティ展(IVR)」 13-06-24
508 2013年6月第3週 「中国と韓国の歴史問題」 13-06-17
507 2013年6月第2週 「アフリカ開発会議」 13-06-10
506 2013年6月第1週 「父が子に語る世界史」 13-06-03
505 2013年5月第5週 「コンゴ キンシャサ 2」 13-05-27
504 2013年5月第4週 「コンゴ キンシャサ」 13-05-20
503 2013年5月第3週 「イスタンブール」 13-05-13
502 2013年5月第2週 「北方領土」 13-05-06
501 2013年4月第5週 「アフリカ コンゴ民主共和国」 13-04-29
500 2013年4月第4週 「大使館」 13-04-22
499 2013年4月第3週 「サムスンの憂鬱」 13-04-15
498 2013年4月第2週 「本当に大丈夫か、黒田日銀総裁の実力」 13-04-08
497 2013年4月第1週 「青海チベット鉄道」 13-04-01
496 2013年3月第4週 「ラブロスフォン」 13-03-25
495 2013年3月第3週 「心配な中国」 13-03-18
494 2013年3月第2週 「企業様向けSIMフリーiPhoneの提案」 13-03-11
493 2013年3月第1週 「イギリス人からアメリカ人になって日本人になった人々」 13-03-04
492 2013年2月第4週 「神田藪そばの火事」 13-02-25
491 2013年2月第3週 「北朝鮮のミサイルと原爆」 13-02-18
490 2013年2月第2週 「中国の誘拐」 13-02-11
489 2013年2月第1週 「高額下取りつきSIMフリースマホ販売キャンペーン」 13-02-04
488 2013年1月第5週 「韓国の躍進の内実」 13-01-28
487 2013年1月第4週 「めちゃめちゃ高い海外ローミング携帯電話料金」 13-01-21
486 2013年1月第3週 「初めてのミャンマー Part2」 13-01-14
485 2013年1月第2週 「初めてのミャンマー Part1」 13-01-08
484 2013年1月第1週 「新年あけましておめでとうございます。」 13-01-01
483 2012年12月第4週 「2012年の終り」 12-12-24

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp