ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2009年8月第4週 「歴史上の人物の推定 身長」

有名な歴史上の人物のことは、それなりに知識があり、だれでも知っています。
顔つきについても、伝えられる絵や写真などで、大体のイメージを持っています。
それでは、織田 信長、豊臣 秀吉 徳川 家康の身長はと言われると、何とも想像し難い。

身長については、文献や着ていた着物 鎧などから推定されています。
織田 信長  170cm
豊臣 秀吉  154cm
徳川 家康  157cm
と言う説があります。
秀吉が「サル サル」と言われ小柄な醜男であったことは定説ですので、154cmも納得できます。 家康は思いの他、小さかったのですね。

この他
武田 信玄  162cm
上杉 謙信  156cm
伊達 正宗  159cm
上杉 謙信は単騎 信玄の陣営に切り込んだと言う話から、堂々の大丈夫かと思っていたのですが、意外と小柄だったのですね。当時の標準ではありましょうが。
大河 ドラマの 直江 兼続 は大柄で 180cmもあったと言う。

幕末の英雄 坂本 竜馬  170cm
      西郷 隆盛  180cm 体重 100kg
歴史上の人物で 当時 並外れて大きかったのは、この 西郷 隆盛 と 秀吉の跡取り豊臣 秀頼の180cmで あったそうです。

女性では 淀殿が168cmと当時としては 大女であったと言われています。
小さい方で信憑性があるものとしては、明治の文豪 樋口 一葉の 148cmでしょうか。でも、当時 女性の148cmは普通でありました。

ナポレオンは小男で有名ですが、フランスの士官学校の身体検査に合格しており、言われるほどではなく、168cmであつたそうです。
軍隊の中では、小さい方であったと言うことでしょう。

イギリスの上流階級では、アングロサクソンの系統を守り、180cm以上の身長
が貴族の条件と聞いたことがあります。イギリス王室の人達も背が高い。

現在 世界で一番大きい人は 中国の孔 明明 と言う人で、236cmだそうです。
TVで見ましたが、「過ぎたるは及ばざる如し」で気の毒になるほど 不自由、大きければ
良いと言う訳ではなさそうです。
小さくて便利なのは 何と言っても、飛行機のエコノミーに乗った時で、短い足を伸び伸び、伸ばせます。
若い時は背が高いと 女性にはもてると言うことはありますが、負け惜しみも入れて言うと「人間の価値は 身長では決まらない」ようです。

先週のクイズ
「髪の毛をこすり合わせるように、しっかり洗うのは正しいか」

シャンプーの正しいやり方。
1)まず ブラッシングをして、一部に無理な力がかからないように、髪のほつれを解く。
2)シャンプーを行き渡らせる為、髪を充分に濡らします。
シャンプーを手の平に取り、髪全体に行き渡らせる。
爪をたてて洗うのではなく、指の腹を使って マッサージをするように洗う。
その時、髪をこすりあわせるようにするのは禁物、キューテクルが摩擦を受け、はがれ落ちてしまいます。
3)すすぎは十分に。
シャンプーが残ると、肌荒れやかぶれの原因になります。
4)ドライヤー
水分を含んだ髪は ちょっとした刺激でキューテクルが、はがれおちてしまいますので
早めに乾かしましょう。 ドライヤーは髪から15cmくらい離して、1ヶ所に集中してあたらないように しましょう。
参考 扶桑社 あるある大事典。

今週のクイズ
「髪の毛はどんな役割を果たしているのでしょう」
  

[total : 722]
( 8 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

512 2013年7月第3週 「中華料理」 13-07-16
511 2013年7月第2週 「コンゴの鉱物資源」 13-07-08
510 2013年7月第1週 「バーチャルリアリティ展(IVR)とパチンコ」 13-07-01
509 2013年6月第4週 「3D&バーチャルリアリティ展(IVR)」 13-06-24
508 2013年6月第3週 「中国と韓国の歴史問題」 13-06-17
507 2013年6月第2週 「アフリカ開発会議」 13-06-10
506 2013年6月第1週 「父が子に語る世界史」 13-06-03
505 2013年5月第5週 「コンゴ キンシャサ 2」 13-05-27
504 2013年5月第4週 「コンゴ キンシャサ」 13-05-20
503 2013年5月第3週 「イスタンブール」 13-05-13
502 2013年5月第2週 「北方領土」 13-05-06
501 2013年4月第5週 「アフリカ コンゴ民主共和国」 13-04-29
500 2013年4月第4週 「大使館」 13-04-22
499 2013年4月第3週 「サムスンの憂鬱」 13-04-15
498 2013年4月第2週 「本当に大丈夫か、黒田日銀総裁の実力」 13-04-08
497 2013年4月第1週 「青海チベット鉄道」 13-04-01
496 2013年3月第4週 「ラブロスフォン」 13-03-25
495 2013年3月第3週 「心配な中国」 13-03-18
494 2013年3月第2週 「企業様向けSIMフリーiPhoneの提案」 13-03-11
493 2013年3月第1週 「イギリス人からアメリカ人になって日本人になった人々」 13-03-04
492 2013年2月第4週 「神田藪そばの火事」 13-02-25
491 2013年2月第3週 「北朝鮮のミサイルと原爆」 13-02-18
490 2013年2月第2週 「中国の誘拐」 13-02-11
489 2013年2月第1週 「高額下取りつきSIMフリースマホ販売キャンペーン」 13-02-04
488 2013年1月第5週 「韓国の躍進の内実」 13-01-28
487 2013年1月第4週 「めちゃめちゃ高い海外ローミング携帯電話料金」 13-01-21
486 2013年1月第3週 「初めてのミャンマー Part2」 13-01-14
485 2013年1月第2週 「初めてのミャンマー Part1」 13-01-08
484 2013年1月第1週 「新年あけましておめでとうございます。」 13-01-01
483 2012年12月第4週 「2012年の終り」 12-12-24

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp