ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2009年9月第5週 「鳩山首相の評判」

70%を超える圧倒的な内閣支持率を受けて、鳩山新政権が、ニューヨークの国連を舞台に外交デビューしました。
政権発足して1ヶ月も経ちませんので、まだまだ無名の存在であった鳩山首相が急に注目を浴びています。
何と言っても温暖化防止のCO2削減25%の画期的な削減目標は、世界的に衝撃を与えたようです。
その他、核軍縮、東アジア共同体構想など、それなりに世界的に情報発信されたようですが、CO2 25%削減が驚きを持って受け止められています。
麻生さんでなくて本当に良かった。

「今まで、自主的な政策提案のなかった日本が、一体どうしたのだろう」
「日本の首相がまた変わったらしい」くらいの印象しかなかった海外の人達が、
「日本で政権交代があり、日本も変わるらしい」と思い始めました。
もっとも、韓国、アメリカ、香港、台湾、ドイツの友人と話したところ、鳩山と言う名前を覚えている人はそれほど多くなく、まさにこれからと言う状態でした。
名前を知っていたのは、韓国、台湾、香港の友人でした。

韓国では、鳩山首相夫人が、韓流ドラマのフアンであること、首相が靖国神社参拝をしないと言明していることが、好感をもって報道されているようです。
ただ、CO2 25%削減は実現不可能と懐疑的に評価されているとの事でした。
自民党が韓国の旧来の利権政治に深く関わってきただけに、新政権になってどのように対韓政策が変わっていくのか、注意深く見守る必要があるとの見解でした。

台湾の友人は、民主党がもともと、親中的であることを懸念しており、台湾が置き去りにされることを心配しているそうです。
台湾の人達は元来、親日的で「CO2 25%削減も日本の技術をもってすれば、困難はあろうが、充分実現可能。 台湾もその技術開発に参加したい」とのマスコミの論調のようでした。国民の支持率が70%以上と言うのも、現在の 馬英九政権の低支持率と比較して報道されているようです。

香港では日本の政権交代はマスコミで大きく取り上げられ、従来の民主党と中国政府との親しい間柄から、中国、香港と日本の関係が さらに良くなると期待をもって報道されているようです。「靖国神社参拝」問題が民主党政権の間は起きないことも、安心感の基盤になっている事、日本の中国への輸出がアメリカを超えた事により、両国の関係がより緊密
になってきている事、CO2 25%で象徴される日本の優れた環境技術の中国への導入の必要性がましている事など、期待が膨らんでいるようです。

ドイツでは日本のCO2 25%が大きく取り上げられ、EUに代わって地球温暖化防止のイニシアチブを取ったと大きく評価されているそうです。
日本の環境技術の高さは充分評価されているよです。
ただ、日本の新しい首相の名前はほとんど知られておらず、「日本の首相はよく変わるので、今度はどのくらい続くのかな」と言っていました。
鳩山さんにはせめて、次の衆議院選挙くらいまではやってもらいたいものです。

先週の答え
「どんな赤ワインにポリフェノールが多いのか」
同じ赤ワインでも種類によってポリフェノールの含有量が異なります。
ブドウの品種では、カペルネ、ソーヴィニヨン、ネピオロの2種類にポリフェノールが豊富に含まれていますが、ワインのラベルには原料の種類は書いてありません。
それではどうして見分けるのか。
ワインの味である程度の事が分かります。
つまり 「渋みが強いワイン」には、ポリフェノールが豊富に含まれています。
成人病予防に、渋みの強いワインを飲みましょう。
参考 扶桑社 「あるある大事典」

今週のクイズ
「赤ワインの適量はどの程度か」
  

[total : 742]
( 8 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

532 2013年12月第1週 「SIMフリースマートフォンへのMVNO接続サービス」 13-12-02
531 2013年11月第4週 「ミャンマー」 13-11-25
530 2013年11月第3週 「北京の冬の食べ物」 13-11-18
529 2013年11月第2週 「北京の11月」 13-11-11
528 2013年11月第1週 「中国の携帯ゲーム」 13-11-05
527 2013年10月第5週 「香港」 13-10-28
526 2013年10月第4週 「香港と深センの中高年 日本人技術者」 13-10-21
525 2013年10月第3週 「コンゴ民主共和国の悲劇」 13-10-14
524 2013年10月第2週 「フライト キャンセル」 13-10-07
523 2013年10月第1週 「R−25に掲載されました。」 13-10-01
522 2013年9月第4週 「反日と日本製品」 13-09-23
521 2013年9月第3週 「四川省 成都市」 13-09-18
520 2013年9月第2週 「東京オリンピック」 13-09-09
519 2013年9月第1週 「東京駅 Sim Free shop open」 13-09-02
518 2013年8月第4週 「中国共産党の権力」 13-08-26
517 2013年8月第3週 「中国のサイバー攻撃」 13-08-19
516 2013年8月第2週 「3Dの現在」 13-08-12
515 2013年8月第1週 「うなぎの季節」 13-08-05
514 2013年7月第5週 「コンゴに日本の学校を創ろう」 13-07-29
513 2013年7月第4週 「コンゴの地下資源」 13-07-22
512 2013年7月第3週 「中華料理」 13-07-16
511 2013年7月第2週 「コンゴの鉱物資源」 13-07-08
510 2013年7月第1週 「バーチャルリアリティ展(IVR)とパチンコ」 13-07-01
509 2013年6月第4週 「3D&バーチャルリアリティ展(IVR)」 13-06-24
508 2013年6月第3週 「中国と韓国の歴史問題」 13-06-17
507 2013年6月第2週 「アフリカ開発会議」 13-06-10
506 2013年6月第1週 「父が子に語る世界史」 13-06-03
505 2013年5月第5週 「コンゴ キンシャサ 2」 13-05-27
504 2013年5月第4週 「コンゴ キンシャサ」 13-05-20
503 2013年5月第3週 「イスタンブール」 13-05-13

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp