ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2010年1月第4週 「不正資金 賄賂」

小沢民主党幹事長の不正資金問題が、火を噴き秘書3人が逮捕されました。
世田谷の不動産を買った資金は、小沢さん個人が積み立てていたものだそうです。
しかし、5億円もの現金を家の中に置いていたという事や、台車で億単位の札束を運んだなどと言う事はにわかには信じ難い。
なぜ、そんな事をする必要があるのだろうか。
何の証拠も残らないように、全て現金でやり取りしていたと疑われている。
銀行送金が出来ない種類の資金であったと考えるのが自然であります。
田中角栄、竹下登、金丸信、の流れを汲む、小沢一郎、誠にクラッシックな金集め、賄賂のやり方であるとの疑惑は消えません。
小沢一郎は去年の西松建設の他、過去にも何回か疑惑を持たれてきた。

香港と中国 シンセンの国境は、大量の荷物が行きかう大動脈であります。
そこで、官製の大口、小口、個人レベルの密輸が大規模に行われている。
私の香港の大金持ちの友人が携帯電話の中国への輸出をしている。
コンテナトラックで大量の携帯電話を中国に持ち込んでいる。 基本的には、税金は一切、払っていない。「それって密輸では」と聞くと、「北京の大物の指示でやっている」と言う。 彼は香港島のハッピーバレーの白亜の豪邸に住んでいる。

シンセン税関の税関長はここ3代続けて逮捕され、死刑になっていると言う。罪名は収賄。
3代続けて 死刑になると言うことは、誰がやっても、収賄は収まらないと言うことでしょうか。
輸出、輸入品課税をちょっと手心を加えるだけで、あるいは見逃すだけで、巨額なお金が役人の懐に入る。
中国では賄賂はお礼の延長線上にあり、やってもらったら払うのが当たり前との意識が強い。
罪悪感は薄く、賄賂が横行する。

中国の賄賂は国内だけでなく海外にも及んでいる。天然資源の獲得のため、アフリカの国々の政府高官に賄賂を贈ったり、その子息を中国に留学させたりしている事はよく知られています。日本の会社もインドネシア、ベトナムなどに、賄賂を贈っている事が時々ニュースになります。中国の賄賂が日本にも来ているようです。

庶民が深刻に悩まされるのが病院で、良い医者、良い病院で見てもらう為には、事前、事後にお金を送らないといけない。
保険制度も満足でない為、貧乏人は満足な治療を受けるのは極めて困難です。
従って、中国の医者は大体 大金持ちで、億万長者も多いのです。貧乏人は病気になってはいけない。

もっとも アメリカでも医療保険に入っていない貧乏人は、高額医療は受けられない。
先日私のロスアンジェルスの友人が、心臓病で倒れ入院しました。
1ヶ月の医療費が何と、1000万円を超える金額であったそうです。たまたま、倒れる1ヶ月前に民間の医療保険に入ったので、一命を取り留めたのですが、保険のない人は、家に連れ帰り、治療を受けることなく、死ななければならない。
世界最大の経済大国アメリカでこの様な事があるのです。オバマさんの医療保険制度は貧乏人の味方です。

それを考えると日本は幸せです。たいした金額でもない健康保険料も支払わないなど、まさに、罰当たりです。それと以前は入院すると医者や、看護婦に付け届けをしたものですが、最近は 一切受け取らない病院が多くなりました。 誠に結構なことです。
ただ、著名な医者に見てもらう為、裏から手を回し、金を払っている事実も噂されていますので、まんざら中国の事を、悪く言うことも出来ません。

賄賂は不正義を横行させるだけでなく、人を差別し、社会を腐らせます。
小沢一郎の建築業界からの収賄は、国民の税金の横領で泥棒です。
日本の検察、司法制度が健全であれば、当然 事実を解明して、逮捕 起訴して、刑務所に収監すべきです。
そんな人間が政権政党を支配している現状は世界の恥です。
自民党政権の悪弊は終わったのかと思ったのですが、総理大臣が毎月1500万円貰っていたのを、全く知らなかったなど、贈与税を脱税していたのですから、あきれてしまいます。

先週の答え
「運動不足の人は成人病予備軍」
昔の子供は「部屋に入れるのが大変」「今の子供は部屋から出すのが大変」今は子供も外で遊ばない為、運動不足なのです。
大人も子供も運動不足になると
1)心臓が小さくなる。
2)酸素摂取量が減少する。
3)足の筋肉が衰え、起立耐性が低下する。
4)脳に血液が十分行かなくなって脳貧血の状態になる。
5)体中の筋肉が衰える。特にだい2の心臓と言われる足が衰える。
6)最後は体の中のカルシュウムが抜けて、尿に混じって排出される。
7)結果として免疫力が落ちる。
まさに、全て成人病の原因です。
アフリカのマサイ族は主食が動物性食品で、毎日高カロリーを摂っていますが、毎日 狩の為「歩くのが仕事」ですので肥満も成人病もほとんどありません。
扶桑社 あるある大事典 参考

今週のクイズ
「簡単な体力増強法はないのでしょうか」
  

[total : 718]
( 8 / 24 )

番号

タイトル

掲示日

508 2013年6月第3週 「中国と韓国の歴史問題」 13-06-17
507 2013年6月第2週 「アフリカ開発会議」 13-06-10
506 2013年6月第1週 「父が子に語る世界史」 13-06-03
505 2013年5月第5週 「コンゴ キンシャサ 2」 13-05-27
504 2013年5月第4週 「コンゴ キンシャサ」 13-05-20
503 2013年5月第3週 「イスタンブール」 13-05-13
502 2013年5月第2週 「北方領土」 13-05-06
501 2013年4月第5週 「アフリカ コンゴ民主共和国」 13-04-29
500 2013年4月第4週 「大使館」 13-04-22
499 2013年4月第3週 「サムスンの憂鬱」 13-04-15
498 2013年4月第2週 「本当に大丈夫か、黒田日銀総裁の実力」 13-04-08
497 2013年4月第1週 「青海チベット鉄道」 13-04-01
496 2013年3月第4週 「ラブロスフォン」 13-03-25
495 2013年3月第3週 「心配な中国」 13-03-18
494 2013年3月第2週 「企業様向けSIMフリーiPhoneの提案」 13-03-11
493 2013年3月第1週 「イギリス人からアメリカ人になって日本人になった人々」 13-03-04
492 2013年2月第4週 「神田藪そばの火事」 13-02-25
491 2013年2月第3週 「北朝鮮のミサイルと原爆」 13-02-18
490 2013年2月第2週 「中国の誘拐」 13-02-11
489 2013年2月第1週 「高額下取りつきSIMフリースマホ販売キャンペーン」 13-02-04
488 2013年1月第5週 「韓国の躍進の内実」 13-01-28
487 2013年1月第4週 「めちゃめちゃ高い海外ローミング携帯電話料金」 13-01-21
486 2013年1月第3週 「初めてのミャンマー Part2」 13-01-14
485 2013年1月第2週 「初めてのミャンマー Part1」 13-01-08
484 2013年1月第1週 「新年あけましておめでとうございます。」 13-01-01
483 2012年12月第4週 「2012年の終り」 12-12-24
482 2012年12月第3週 「衆議院選挙」 12-12-17
481 2012年12月第2週 「海外展開」 12-12-10
480 2012年12月第1週 「貿易収支と日銀の独立性」 12-12-03
479 2012年11月第5週 「南相馬市」 12-11-26

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp