ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2009年6月第5週 「イランの暴動」

1979年のイラン イスラム革命から2年ほど経った1982年 初めてイランに行きました。
イランの国営家電メーカーから、部品の供給を請け負ったのです。
もともとイラン東芝と言っていた企業が アメリカの経済制裁により、東芝から部品が入らなくなったので大手商社が受注し、私はその下請けで部品を国内で調達しました。

それから 20年間、50回ほど、ビジネスで訪問し、多くのイラン人と付き合いました。
政府高官、欧米で学んだ知識階級、地方の農村出身の革命防衛隊員、秘密警察、ビジネスマン、多くの賢い女性達、多くは極く、普通の人たちでした。
イランの名誉の為に言うと女性はチャドルを着て差別されていると言う印象が強いが、女性の社会進出は日本以上で、大学の進学率も男子を凌駕している。
特に学校の先生は女性が多い。女性の医者も多い。

それと、決して他の宗教を受け入れない訳ではなく、テヘラン市内にはキリスト教の教会
ユダヤ教のシナゴーグ(ユダヤ教会)もあり、敵国のユダヤ人もイラク人も多く住んでいます。政府の役人にもなっている。日本で中国人、ロシア人が政府高官になるなど 聞いたこともない。
ジンギスカンに従って来たモンゴル人、南部には黒人もいます。 本来イスラムは人々に寛容な宗教なのですが。

イランではホメイニ派はほとんどが ひげをはやしており、反体制派はひげをはやしていない。ホメイニ派はネクタイもしない。
外観で大体、政府側か、反体制派かが判る。

地方と都会特にテヘランとの格差は大きく、1100万人のテヘランは自由な気風が強い。
当然ながら、特に都会の若い世代は宗教心の薄い人が多く政府には批判的です。
若い世代はアメリカの衛星放送を見て育っており、アメリカのDVDも広く見られている。
基本的には、衛星放送用のパラボラアンテナを付けることは許されていないのですが、
ホテルの最上階のレストランからは、多くの民家の屋上につけられてたアンテナが見える。
イランの放送は国営で、イスラムの指導者や政府の役人が出てきて、ながながと話す番組が多く、人気がない。従って人々は海外のTVを見るのです。

一時、NHKの連続ドラマ「おしん」が熱狂的な人気を得、おしんが始まると街から タクシーが消えてしまうと言う事がありました。
街中に中国製のおしん グッズが溢れていました。全部違法コピーでした。
日本のまんがも人気があります。どらえもん、一休さん、アルプスの少女ハイジ、など子供たちの絶大な人気を得ていました。
次週に続く。

先週の答え
「脳のシワが多いほど頭が多いと言われるが、脳にシワの多い動物は?」
動物の中でシワの一番多いのはイルカと言う事になっている。海に棲む動物の中では
確かにイルカは頭が良い。記憶力や判断力を考えてみても、人間の幼児なみの頭の働きがありそうだ。だが それ以上は知能の発達は望めない。
やはり 地球では、人間の脳にかなう生物は存在しないようだ。

脳細胞は約140億あるといわれるが、一説によると、40代から、加速度的にその脳細胞がこわれ始めるという。したがって、脳の目方も軽くなる。
80代になると、約1割の脳が溶けてなくなる。
もっとも 個人差が大きいから、脳細胞の減少を防ぐのは、健康法の上手 下手に影響されるようだ。
常に頭を使い、脳に刺激を与える事が重要なようだ。

今週のクイズ
「男の脳の重さは1400g
 女の脳は1250g。
 この数値から、男の頭のほうが少し重そうだが、どうだろうか。」
1)男の方が当然 重い。
2)目方以上に、女の脳は男より軽い。
3)むしろ、女の方が、重いのではないか。
  

[total : 714]
( 9 / 24 )

番号

タイトル

掲示日

474 2012年10月第4週 「海外旅行 と携帯電話」 12-10-22
473 2012年10月第3週 「猛烈なアフリカの発展」 12-10-15
472 2012年10月第2週 「アイフォン買取」 12-10-08
471 2012年10月第1週 「尖閣大騒動」 12-10-01
470 2012年9月第4週 「北京9月22日(土曜日)」 12-09-24
469 2012年9月第3週 「反日デモ」 12-09-17
468 2012年9月第2週 「思い出の食事3」 12-09-10
467 2012年9月第1週 「思い出の食事2」 12-09-03
466 2012年8月第5週 「思い出の食事」 12-08-27
465 2012年8月第4週 「プリウス α」 12-08-20
464 2012年8月第3週 「負けても立派だ!福見友子!」 12-08-13
463 2012年8月第2週 「道案内」 12-08-06
462 2012年8月第1週 「コピー品」 12-08-01
461 2012年7月第4週 「香港人のつぶやき」 12-07-23
460 2012年7月第3週 「アフガニスタンのアーモンド」 12-07-16
459 2012年7月第2週 「資源大国への道」 12-07-09
458 2012年7月第1週 「夏の電力不足に対する東京都の補助金」 12-07-02
457 2012年6月第3週 「SIMフリー携帯電話4」 12-06-25
456 2012年6月第3週 「SIMフリー携帯電話3」 12-06-18
455 2012年6月第2週 「SIMフリー携帯電話2」 12-06-11
454 2012年6月第1週 「SIMフリー携帯電話」 12-06-04
453 2012年5月第5週 「発展するアジア」 12-05-28
452 2012年5月第4週 「北京」 12-05-21
451 2012年5月第3週 「イラン 2」 12-05-14
450 2012年5月第2週 「イラン」 12-05-07
449 2012年5月第1週 「エレクトロ マジックとソ\ーラー、風力、水力発電」 12-05-01
448 2012年4月第4週 「パチンコと裸眼3D」 12-04-23
447 2012年4月第3週 「世界最先端の裸眼3D、CLD方式の着脱式」 12-04-16
446 2012年4月第2週 「i-phone 修理」 12-04-09
445 2012年4月第1週 「ドバイとイラン」 12-04-02

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp