ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2009年7月第1週 「イランの暴動2」

建前としてイランではアメリカは大悪魔であるが、教育を受けた人達の多くの人達がアメリカ、ヨーロッパに強い親近感を持っている。
留学経験者も多い。
アメリカ、ヨーロッパには革命後多くのイラン人が亡命、シリコンバレーではイラン人起業家が輩出している。

私の付き合った多くの人が欧米の大学で学んでおり、政府の政策に反対であるが、イスラム体制の武力が恐くて黙っていると言う状態でした。
ある日突然、革命防衛隊が来て父親を連行され、それ以来帰って来ないと言う友人もいました。
生きているのか死んだのかも判らない。そんな事が起きると、だれも何も言えません。
信条を曲げてひげをはやし、災いを避けなければ生きていけません。

私達の宿舎にも、週1回位の割合で革命防衛隊のパトロールが来て、アルコールがないか、女性の水着姿などの印刷物がないか調べに来ました。
あわてて、ウイスキーなどを隠す。
やって来る隊員がいつも同じでしたので、だんだん仲良くなって話すと、貧しい農村出身でイラン革命後初めて学校に行けるようになり、ホメイニに感謝していると言う。
ひげもじゃで恐い感じでしたが、話すと笑顔の優しい普通のおじさんでした。

今回の大統領選挙後の暴動を聞いたとき、「よく やったものだ」と非常に驚きました。
日本と違いデモに参加するのも、命をがけの覚悟がいるのです。
アハマデネジャド大統領が、大差でムサビ候補を破るなど、ありえない事をイラン人なら皆知っています。
僅差なら地方の貧しい人達の票と理解できますが、アハマデネジャド大統領が70%を超える得票など考えられないのです。
下馬評はムサビの勝利だったのですから。

いずれにせよ非常に多くの国民が反政府にも関わらず、革命防衛隊の武力と秘密警察の密告制度により、恐怖のイスラム体制に虐げられています。
それに、対抗する今回の暴動は、余程人々の不満が溜まっている結果と言ってよいでしょう。
今回、逮捕された人々の何人かは戻ってこないと言われています。
私の友人は幸い全員無事でした。

イランは若い国で、約7000万人の人口のうち、革命後に生まれた29歳以下の人口が60%を占めています。日本は約20%。
基本的にイスラム体制に馴染まない若い世代は、女性男性の服装を厳しく規制し、表現の自由も認めない政府のやり方に反対し、自由化を求めている。
いつまでも現在の厳しいイスラム体制を、武力で強いることは出来ないと思われます。
革命後生まれた若い世代が、人口の過半を占めている現在、それらの世代を無視して国の行く末を決めることは出来ません。

イランは私たちが考えている以上に重要な国で、中東で圧倒的な人口と武力を持ち、その気になれば玄関の前のホルムズ海峡を閉鎖し、私たちの買っているガソリンを200円や300円にすることもできるのです。
そうなったら、世界経済は大混乱に陥るでしょう。世界の石油の40%がホルムズ海峡を通過して運ばれています。

イラン人は誇り高く、賢い人々です。いざとなれば、戦略的に使える手段は計算ずくで取るでしょう。
イランーイラク戦争の時、イラクの石油輸出を止めるため、海峡を封鎖し、石油を3倍に値上がりさせた実績があります。
イランは世界経済、そして日本経済の、のどぼとけを抑えている事は間違いありません。
その為にも、イランの若い世代の意見を国政に反映させたいものです。

先週の答え
「男の脳の重さは1400g、女の脳は1250g。この数値から男のほうが少し重そうだが、どうだろう」

1400gと1250gという数字だけから見ると、いかにも女の脳の方が軽そうだがはたしてそうだろうか。
今 男の体重を仮に60kg、女の体重を47kgとすると、1kあたりの脳の重さを出してみると
    男  23.3g
    女  26.6g
これは不思議体重のわりには 女性の脳は 男性より充実しているということになる。
これでは、亭主は女房に頭が上がらないわけだ。
もっとも 頭の働きの良し悪しは、約4億といわれる脳神経細胞、一つ 一つから出ている、5千本のアンテナで決まると言われている。
一つの細胞から5千本の線が出ていて、しかも 全体で4億だから頭の中は 想像もできないほどの配線だらけということになる。

この他、神経細胞に栄養を与えるグリア細胞とよばれる脳細胞が136億もある。
アンテナの配線が絶妙な人は秀才、ところどころ裸線が出ていて、いつもショートしている人が凡人、あなたはどちらかな。
三笠書房 「からだと健康」より。

今週のクイズ
「高血圧にお風呂はよいのだろうか」
1)短い時間なら熱くてもよい
2)ぬる目のお湯にゆっくり入る。
3)風呂にはあまり入らない方がよい
4)ぬる目のお湯に、疲れない程度に入る。
  

[total : 730]
( 9 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

490 2013年2月第2週 「中国の誘拐」 13-02-11
489 2013年2月第1週 「高額下取りつきSIMフリースマホ販売キャンペーン」 13-02-04
488 2013年1月第5週 「韓国の躍進の内実」 13-01-28
487 2013年1月第4週 「めちゃめちゃ高い海外ローミング携帯電話料金」 13-01-21
486 2013年1月第3週 「初めてのミャンマー Part2」 13-01-14
485 2013年1月第2週 「初めてのミャンマー Part1」 13-01-08
484 2013年1月第1週 「新年あけましておめでとうございます。」 13-01-01
483 2012年12月第4週 「2012年の終り」 12-12-24
482 2012年12月第3週 「衆議院選挙」 12-12-17
481 2012年12月第2週 「海外展開」 12-12-10
480 2012年12月第1週 「貿易収支と日銀の独立性」 12-12-03
479 2012年11月第5週 「南相馬市」 12-11-26
478 2012年11月第4週 「マチュピチュ」 12-11-19
477 2012年11月第3週 「Microsoft SurfaceとPC」 12-11-12
476 2012年11月第2週 「英会話」 12-11-05
475 2012年10月第5週 「中国からの観光客」 12-10-29
474 2012年10月第4週 「海外旅行 と携帯電話」 12-10-22
473 2012年10月第3週 「猛烈なアフリカの発展」 12-10-15
472 2012年10月第2週 「アイフォン買取」 12-10-08
471 2012年10月第1週 「尖閣大騒動」 12-10-01
470 2012年9月第4週 「北京9月22日(土曜日)」 12-09-24
469 2012年9月第3週 「反日デモ」 12-09-17
468 2012年9月第2週 「思い出の食事3」 12-09-10
467 2012年9月第1週 「思い出の食事2」 12-09-03
466 2012年8月第5週 「思い出の食事」 12-08-27
465 2012年8月第4週 「プリウス α」 12-08-20
464 2012年8月第3週 「負けても立派だ!福見友子!」 12-08-13
463 2012年8月第2週 「道案内」 12-08-06
462 2012年8月第1週 「コピー品」 12-08-01
461 2012年7月第4週 「香港人のつぶやき」 12-07-23

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp